« 自社で流動化信託ビジネスをする方法  | トップページ | 管理型信託業でできること »

2005年11月29日 (火)

管理型信託業と運用型信託業

 信託業法の改正で管理型信託業法の改正が可能になりました。

 この管理型信託業というのは、通常の信託業(運用型信託業)と簡単に比較すると

        運用型信託業       管理型信託業

参入資格      免許             登録☆

業務範囲   信託業すべて      信託業の範囲が制限☆☆

組織形態   株式会社のみ      株式会社のみ

最低資本金   1億円            5,000万円

最低営業保証金 5,000万円       2,500万円

☆ 3年ごとに登録更新

☆☆

 ◎ 委託者又は委託者から指図の権限の委託を受けたのみの指図により信託財産の管理又は処分が行われる信託

 ◎ 信託財産につき保存行為又は財産の性質を変えない範囲内の利用行為若しくは改良行為のみが行われる信託

  (信託業法2③一、二)

              

|

« 自社で流動化信託ビジネスをする方法  | トップページ | 管理型信託業でできること »

コメント

ななしさんこんにちわ
信託大好きおばちゃんです。ご指摘ありがとうございました。
これは訂正をいれます。ありがとうございました。

投稿: 信託大好きおばちゃん | 2006年6月 9日 (金) 14時11分

比較表、管理型と運用型が逆になってますよ。

投稿: | 2006年6月 9日 (金) 10時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自社で流動化信託ビジネスをする方法  | トップページ | 管理型信託業でできること »