« 信託法改正要綱試案に関する意見募集の結果 後継ぎ遺贈型の受益者連続 | トップページ | ちょっとサハラ砂漠の夜明け見に行ってきます。 »

2005年12月22日 (木)

信託法改正要綱試案に関する意見募集の結果 有限責任、有価証券化

 なんどもこのブログで書いているように、信託法の改正で有限責任信託が実現するかもしれません。つまり今の信託法では有限責任信託ではないわけで、たとえば信託財産である不動産の瑕疵で第三者に損害を与えた場合、受託者は、手数料収入しかもらえない立場なのに、工作物責任という重たい無限責任を負う。

 この有限責任信託については賛成意見が大多数。そうでしょうね。パブリックオピニオンに対して反応するのは、受託者になりたいような人たちが多いから、

 もう1つがこのブログでは書かなかったのですが、信託受益権の有価証券化、現状では原則的には信託受益権は、債権です。したがって有価証券と比較すると流通性に難があります。この辺のどこが難なのかは、まだ深く勉強してないので書けませんが、

 それが改正により有価証券になると、流通性が増し、信託がほんとうにメジャーになるかもしれない。ということでしょう。

--------------------------------------------------------------------------

 第66 有限責任信託(仮称)について
受託者の有限責任性を原則とする新たな信託の類型として,有限責任信託(仮称)
を創設するものとする【甲案】を支持する意見が35件と大多数を占め,受託者の有限
責任性を原則とする新たな信託の類型を創設しないものとする【乙案】を支持する意
見は4件であった。

第67 受益権の有価証券化について
賛成意見が大多数を占めたが,受益証券の発行を一般法たる信託法によって認める
必要はなく,必要に応じて,信託業法,資産の流動化に関する法律等によって手当て
をするべきであるとの反対意見等も3件みられた。また,受益権を振替制度の対象と
すること(注3 ),信託財産のみを引当財産とする債券を発行すること(注4)につい
ても,これを支持する意見が大多数を占めた。

|

« 信託法改正要綱試案に関する意見募集の結果 後継ぎ遺贈型の受益者連続 | トップページ | ちょっとサハラ砂漠の夜明け見に行ってきます。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 信託法改正要綱試案に関する意見募集の結果 後継ぎ遺贈型の受益者連続 | トップページ | ちょっとサハラ砂漠の夜明け見に行ってきます。 »