« ストックオプションの会計 | トップページ | もう誰もストックオプションなんてやらない! »

2006年3月 8日 (水)

(自己信託)信託宣言 1年凍結 

 HNさん 昨日はスピーディなコメントありがとうございます。

 日経新聞は夕刊に載ってましたね。

 ようするに、信託法改正案は、

◎自己信託(委託者=受託者となるような信託)部分は施行日から1年凍結

◎目的信託(受益者が特定されていないような信託)当分の間、一定の基準を満たす者以外は、受託者になれない。 個人はだめ 闇の勢力とご関係のある方もだめ。 誰に渡すかわからないことをいいことにして、表のお金が信託を通して闇に簡単に消えていく可能性があるからか。

 政府は10日にも閣議決定し、今国会成立をめざす。

 ゆるりと動き出したのかな♪

|

« ストックオプションの会計 | トップページ | もう誰もストックオプションなんてやらない! »

コメント

HNさん おはようございます。信託大好きおばちゃんです。

コメントありがとうございます。

信託宣言が、誰でもできると、投資家にとってはリスクが多いですよね。

信託宣言で、事業会社も可能というのは、アメリカでもないというようなことをどこかの文献でみたこともあります。

 私は、事業会社でもいわゆる一部上場の世界に誇るようなところあたりは可能となるのかなあと

 個人的には、信託宣言よりも事業信託の方が面白いことになるかなと思ってます。

投稿: 信託大好きおばちゃん | 2006年3月 9日 (木) 06時00分

当方は信宣言は限られた者のみ行い得るものとしなければならないと思っています。

 すなわち兼営法該当の信託銀行とかですが。

 信託銀行の信託宣言のメリットは大きいと思います。
 が、裾野をどこまで広げるか、当方としては
 懐疑的に見ていますが、果たして。

投稿: HN | 2006年3月 8日 (水) 23時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ストックオプションの会計 | トップページ | もう誰もストックオプションなんてやらない! »