« 事業信託と受益者への費用の補償 | トップページ | ヒルズ黙示録と信託受益権 »

2006年5月 6日 (土)

あれって 事業信託ってできなくなるの?

 事業信託は可能になる 可能になる 可能になる なんか要綱試案やマスコミの報道で刷り込まれてしまった昨日 なんとなく条文を読んで気づきました。ほんとうに事業信託可能なのかなと

 事業信託が可能というのは、信託財産に債務が含まれてもOKというのが根拠で

その根拠は、

 昨年の7月に出された信託法改正要綱試案

第1信託の意義について

3.信託契約の効力発生時における債務の引き受け

信託契約の効力が生じる時に、受託者となる者は、委託者となる者が負担している債
務を信託財産に属する債務として引き受けることができるものとする。

でもね、この意義って 信託法の第1条から消えているんですよね。

どこかに隠れているのかなと思ってPDFの検索機能使ったのだけどそれでもうまくいかない。

おーい 委託者の債務の条文はどうなったのだーーい 

これがないと事業信託は難しいんちゃうの 

誰か知っている人教えて。。。。 本当はどうなの。。。。

|

« 事業信託と受益者への費用の補償 | トップページ | ヒルズ黙示録と信託受益権 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 事業信託と受益者への費用の補償 | トップページ | ヒルズ黙示録と信託受益権 »