« 役員退職金は損金経理が不要になったというけど | トップページ | コミットメントライン契約と印紙税 »

2006年7月19日 (水)

JASRACと著作権信託

1.JASRACとは

 JASRACとは、社団法人日本音楽著作権協会「Japanese Society for Rights of Authors, Composers and Publishers」のことです。JASRACは、著作権の管理を行っているのですが、ここで信託のスキームを使っています。

2.信託のスキーム

 この著作権は、音楽を対象としたものです。作詞家や作曲家が作った曲の著作権は、通常は、彼らが所属する音楽出版社に譲渡されます。通常は、譲渡時点で譲渡代金は支払われません。

 次に音楽出版社は、この曲をJASRACに信託します。JASRACにおいて著作権を管理し、使用料が発生した場合は、ここから必要経費を差し引いて、委託者=受益者である音楽出版社に分配します。そして音楽出版社はこの分配金から必要経費を差し引いて、作詞家、作曲家に利益を分配します。

 この作詞家、作曲家への利益の分配金がいわゆる著作権の譲渡代金となります。ですから譲渡代金は使用料の大小により変動します。

 信託をすることにより、煩雑な使用料の徴収事務や、無断使用等をされた場合の訴訟をやってもらえることがメリットなのだと思います。

3.信託される著作権は

 著作権というのは財産権としての著作権と著作権人格権の2つあります。

 著作権人格権というのは、著作権の改変を認めない権利や、公表するかどうかを決める権利、名前をいれるかどうか、名前は本名かペンネームかを決めることができる権利です。これらは作品を作った本人のみができる権利であるので、信託することはできません。

 ですから信託できる著作権は財産権としての著作権に限られます。

この著作権というのは、CDの製作や楽譜の出版などの複製権、コンサートやカラオケでの演奏権、放送やインターネットで曲を流してもいい公衆送信権、映画やビデオで曲を流してもいい上映権、CDのレンタルをしてもいい貸与権、ビデオレンタルに使用してもいい頒布権などにわかれ、信託するのはこれらの権利のうち全部でも一部でも可能です。

信託期間は3年間ですが、原則自動更新であり、利益の分配は、年間4回あるようです。

信託できる音楽は、原則として、日本で第三者によって公表されたもの、つまりコンサートなら有料で500人以上集めているとか、CDなら大手のメーカーで製作販売されているか、インディーズなら累積1,000枚以上か等規制はありますが、プロの作曲家や作詞家でなくても条件さえ満たせば可能です。

JASRACのHPを見てはじめて知ったのですが、個人が自分で音楽を楽しむためにCD-RやMDに録音する行為も使用料の対象になるようです。ただこれらの使用料は、購入したときの代金の一部に含まれているようですね。

|

« 役員退職金は損金経理が不要になったというけど | トップページ | コミットメントライン契約と印紙税 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143467/11003984

この記事へのトラックバック一覧です: JASRACと著作権信託:

« 役員退職金は損金経理が不要になったというけど | トップページ | コミットメントライン契約と印紙税 »