« ビジネスモデル特許 | トップページ | なぜ日本では寄付文化が発展しないのか »

2006年8月31日 (木)

純資産の部と株主資本等変動計算書

1、会社法になって

会社法になって、決算書の表示の仕方の改正が行なわれています。一番、大きい改正は貸借対照表の純資産の部(旧資本の部)かなと思います。

純資産の部というネーミングに変って、この部分は、資産と負債の差額について内容を分析して、大きく分けて3つのカテゴリーにわけます。株主資本と評価,換算差額と新株予約権です。

2、株主資本

 株主資本とは会社の財産(資産-負債)のうち、株主に帰属する部分のことです。この部分は6つのカテゴリーにわけます。すなわち資本金、新株式申込証拠金、資本剰余金、利益剰余金、自己株式に自己株式申込金。このうちよくみるのが資本金、資本剰余金、利益剰余金に自己株式。

資本剰余金の中身は2つのカテゴリーにわかれていて、資本準備金とその他資本剰余金。利益剰余金の中身も2つのカテゴリーにわかれていて、利益準備金とその他利益剰余金にわかれてます。

商法時代と異なるポイントとしては、その他利益剰余金の中が積立金と繰越利益剰余金となることです。繰越利益剰余金って、いわゆる当期未処分利益ですが、

3.評価、換算差額等

これは、資産と負債の差額のうち株主資本に帰属しないもの ゴミ箱勘定みたいなものといったら失礼ですが、メンバーとしてはその他有価証券評価差額金(旧 株式等評価差額金 これで財規と一致)繰延ヘッジ損益(ヘッジのためにデリバをつかったけど、特例処理が使えなかったような場合、両建てBSにあがるもの、ただし税効果部分は別掲表示のはず)それと土地評価差額金(バブルが崩壊した後、一時期、土地の含み益の計上を認めていた。この評価差額として計上していたやつを減損した場合の会計処理がえぐかったなあ)。

3.新株予約権

そんでもってしんがりが新株予約権 新株予約権ってストックオプションのように「ただ」だけじゃないからね。ブラックショールズのように文系には理解のできない算式でお値段をつけて発行した場合は、ここに表示されます。 宝くじの発行残高みたいなもの

4.株主資本等変動計算書

 これは純資産の部の株主資本の1事業年度の変動をあらわしたもの。通常は当期純利益プラス剰余金の配当あたりが変動項目じゃないのかな。エクセルで様式を作っといたら、簡単にできますね。後注意が必要なのは、注記を忘れないでおくこと。特に剰余金の配当、これは申告につながるから、

|

« ビジネスモデル特許 | トップページ | なぜ日本では寄付文化が発展しないのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143467/11697072

この記事へのトラックバック一覧です: 純資産の部と株主資本等変動計算書:

« ビジネスモデル特許 | トップページ | なぜ日本では寄付文化が発展しないのか »