« なぜ日本では寄付文化が発展しないのか | トップページ | 井沢元彦さんの「逆説の日本史」実力主義による人事の難しさ »

2006年9月 2日 (土)

土曜日の雑談 9/2

東京で暮らし始めて2週間になります。木曜日まではホテル住まいだったのですが、昨日から家を借りて生活をすることになりました。

仕事場からdoor to doorで20分から25分くらいです。地下鉄1本でいけて、駅近のマンションの割りには、そんなにやかましくもないです。

部屋のワイドスパンな窓からみえる景色は都会そのものですが、ちょこっと森なんかもみえて、東京は大阪よりグリーンが多いなという印象です。

これから時間を見つけては、家の周りを探検しようと思っています。洗練された街ですが、かといって近寄りがたい雰囲気もなく、よそ者でも入り込めそうなところです。このまま東京でずっと仕事をするならば、住み続けたくなるような場所ですね♪

東京へは出張などで、何十回以上もやってきているのですが、腰をおろして仕事をするようになって大変だと思ったのが、地下鉄の駅です。特に大手町駅とか、日比谷駅とか、何本も地下鉄が走っているところです。これらの駅で地下鉄を乗り換えようとすると、結構歩きます。天井からぶらさがっている?地下鉄の表示だけがたよりなのですが、

それと地下鉄の駅の出口がわかりにくい。大手町でも日比谷でも出口って A-1 A-2とかB-1 B-2 とか 番号だけでなくアルファベットの区分もあるんです。一度、地下鉄の出口について 5番というところだけ覚えて降りたのですが、全然違う出口からでてしまい、大人の迷子状態になってしまいました。

また丸の内って、三菱村なのは知っていたのですが、三菱というネーミングのビルがいっぱいあるんですね。先週、飲み会があったのですが、三菱のどこのビルにあるのかがわからず、これまた暮れなずむ東京の街を汗だくになって走り回っていました。

東京の人からすると馬鹿かと思われるようなことですが、田舎モンでよくわからないんですよ。信託大好きおばちゃんは、

|

« なぜ日本では寄付文化が発展しないのか | トップページ | 井沢元彦さんの「逆説の日本史」実力主義による人事の難しさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土曜日の雑談 9/2:

« なぜ日本では寄付文化が発展しないのか | トップページ | 井沢元彦さんの「逆説の日本史」実力主義による人事の難しさ »