« 遺言信託と遺言代用信託 | トップページ | 素敵な丸の内仲通り♪ »

2006年11月17日 (金)

お返事 お返事

みうらさん:

公益信託問題はどうなるのでしょうか。

なにかありますか。

信託大好きおばちゃん:

いつも勉強させていただきありがとうございます。

必要性があるから残るのでは? ただこれ以上は情報がありません

  麒麟さん:

はじめまして、信託登記に関してお聞きしたいのですが。

信託されてある不動産を売買する場合、信託登記抹消の手続きを終えないと所有権移転出来ないのでしょうか?

仮に信託期間満了前に信託登記を抹消し、所有権移転した場合、税金面はどうなるのでしょうか?また、信託登記抹消の手続きは、通常どのくらいの期間で出来るものなのでしょうか?

信託大好きおばちゃん:

登記については、プロじゃないので、どなたかプロの方コメントいただけませんか。

信託されている不動産を売買する場合、通常は信託登記を抹消せず、信託受益権として譲渡しています。

受益権で譲渡するのは、譲り受けた側に不動産取得税がかからないこと、 譲渡をした時点で、譲渡所得税はかかるけど、所有権を譲渡した場合よりは登録免許税が安いこと なぜなら単なる債権者の移動だから。

受益権の譲受者が信託受益権としてではなく、土地を直接所有したいという場合は、信託抹消登記だけでなく、この時点で不動産の名義がかわるから不動産取得税がかかります。

あと印紙税が信託受益権を譲渡した場合は200円ですが、不動産を直接売却した場合は、金額に応じて大きくなりますね。

譲渡所得税については、信託受益権で譲渡しても、不動産そのものを譲渡しても通常は同じです。

|

« 遺言信託と遺言代用信託 | トップページ | 素敵な丸の内仲通り♪ »

コメント

1.信託財産を受託者が売却する権限を与えている場合
 投資のためのビル購入して、運用して、買い換えて。。というような信託
 委託者は、買い替えのために売却できますし、購入できます。
 信託登記の抹消は、事前にすることはできません。
2.1以外の場合
 いったん信託解除して、委託者に引継ぎの登記をします。その時点で信託登記は抹消されます。
 あとは、普通の物件と同じです。

投稿: みうら | 2006年11月17日 (金) 19時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143467/12716532

この記事へのトラックバック一覧です: お返事 お返事:

» 必見!老後に安泰を望む方 [副業でも本業を追い抜けると体験した、香姫でした]
こんにちわ! あなたは本業の他に副業をおもちです?もう一つの収入源になる副業を考えてみませんか?最初は無料で何でも質問できる、MLから始められてはいかがでしょうか? [続きを読む]

受信: 2006年11月18日 (土) 10時32分

» 印紙税ハンドブック(平成17年10月改訂) [PCモード]
次の更新楽しみにしています。 [続きを読む]

受信: 2006年11月20日 (月) 20時59分

» サラリーマン大家さんの不動産取得税 [失敗しない住宅選び!]
失敗しない!住宅選びのしんです。やはりあまり聞きなれない不動産取得税。でも結構そのままだったりします。 [続きを読む]

受信: 2006年11月28日 (火) 00時37分

» 印紙税とは [税金・節税対策の基礎知識]
こんにちは!突然のトラックバック失礼します。よろしければ印紙税について情報交換しませんか? [続きを読む]

受信: 2006年12月 3日 (日) 15時52分

« 遺言信託と遺言代用信託 | トップページ | 素敵な丸の内仲通り♪ »