« 信託2行、兵庫県を提訴 | トップページ | 信託行為って »

2007年3月26日 (月)

委託者って

委託者っていうのは、財産を受託者に信託する当事者で、どんな信託にするか決める人。信託がスタートする時の主役。信託期間の主役は、受益者じゃないのかな(汗をかくのは受託者だけど)、

委託者の権利は信託期間中もあるのですが、その権利の範囲を契約で広げたり狭めたりすることは可能らしい。受益者が行使すべき権利を依存的に行使することや、受益者に通知報告することを自分にも通知してねということを決めることができる。

通常の信託っていうのは、自益信託(委託者=受益者)だけど、この受益権を第三者に譲渡した場合、委託者の地位も移転できるか?

これは、受託者と受益者の同意を得て、または信託行為に定めた方法に従い第三者に移転できる(新信託法146①)。

このまたはとはどういう意味なのであろう。 

同意があったら信託行為に定めなくても第三者に移転できる。同意がなくても信託行為に定めた方法に従い第三者に移転できるの2つが存在するということなのか?

|

« 信託2行、兵庫県を提訴 | トップページ | 信託行為って »

コメント

信託契約では、受益権の譲渡に伴って委託者の地位も移転すると書くことが多いので、「または」以降はそのような場合を想定しているのかも?と思い付きで書いてみました。

投稿: やまねこ | 2007年3月27日 (火) 12時52分

信託に興味のある会計マンです。

「信託行為」とは、信託契約等(信託法2条2項)を指すので、当事者間の事前の合意があることになると思います。

それにしても、「行為」が「契約」を意味するなんて、不思議な言葉遣いですよね。

投稿: 太郎 | 2007年3月26日 (月) 20時42分

信託に興味のある会計マンです。

「信託行為」とは、信託契約等(信託法2条2項)を指すので、当事者間の事前の合意があることになると思います。

それにしても、「行為」が「契約」を意味するなんて、不思議な言葉遣いですよね。

投稿: 太郎 | 2007年3月26日 (月) 20時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143467/14406441

この記事へのトラックバック一覧です: 委託者って:

« 信託2行、兵庫県を提訴 | トップページ | 信託行為って »