« 資産証券化のビークル 目的信託は法人税課税か? | トップページ | 自己信託して、受益証券を多数の投資家に発行した場合の規制って? »

2007年5月 8日 (火)

高齢化社会における個人信託制度の必要性

先日、新井誠編 「高齢社会における信託と遺産承継」を購入し、本をぱらはらとめくったら、これはと思ったので、ご紹介させていただきます。

杉並区在住の高齢女性は資産家であり価値のある不動産と多額の預貯金を保有していた。家族構成は、この女性と重度の知的障害のある40歳の子一人であった。この高齢女性は3つの希望を有していた。第一は、不動産を死ぬまで売却したくないとの希望がある。第二は、この女性の死亡後、当該不動産を娘に承継させたいとの希望がある。第三は、娘の死亡後、お世話になった杉並区の福祉施設に当該不動産を承継させたいとの希望である。結局この女性は悪徳業者に当該不動産を騙し取られ殺害されてしまった。

本事例における3つの希望は信託を用いることにより実現可能であった。

第一の希望は、信託を用い不動産の名義変更をし、信託目的として高齢女性が死亡するまで当該不動産を売却しないと定めることが実現可能であった。

第二の希望は、信託を用いて第3者に不動産を管理させたうえで、利益を娘に享受させることで実現可能であった。娘への財産承継は民法上簡単であるが、娘が財産管理能力を有していないため、たとえ不動産を承継させたとしても、娘の所有する当該不動産が悪徳業者により収奪させる危険性がある。そこで信託を用いる必要がある。

第三の希望は、いわゆる後継ぎ遺贈であるが、信託を用いれば実現可能であると解することができる。

新井誠編 「高齢社会における信託と遺産承継」日本評論社 2006年 269.270ページ

 このようなケースは、潜在的にあると思います。信託の機能が、ニーズにほぼぴったりとフィットしているように思われます。

|

« 資産証券化のビークル 目的信託は法人税課税か? | トップページ | 自己信託して、受益証券を多数の投資家に発行した場合の規制って? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143467/14995296

この記事へのトラックバック一覧です: 高齢化社会における個人信託制度の必要性:

» 団塊シニア投資への考え方 [団塊シニア投資への考え方 ]
団塊世代・シニアへ投資系無料レポート紹介堺屋太一さんは、投資運用は楽しみで、そして自分の知恵と決断でとおっしゃっています。また、①利回りが高い②安全である③手間がかからないこの三条件を満たすものはないとも言っておられます。そこ...... [続きを読む]

受信: 2007年5月16日 (水) 12時01分

» 団塊高齢化 未来の希望 [定年シニア@団塊世代の未来]
団塊の生きがいと団塊のかたち団塊はいい意味でも悪い意味でも、日本の近代工業化を築いたと堺屋太一(さかいやたいち)は言います。この図は、団塊を表していると堺屋太一(さかいやたいち)さんは言います。良くも悪くも、団塊は、日本の近代工業化社会を築き、物財の幸せをもたらしたとこの図は語ります。①官僚主導・業界協調②日本式経営③核家族・職縁社会この強い3本柱を団塊は作り、豊かな日本を実現したのです。この安定した図この図から一番抜け出したいと思っているのが団塊の定年後だと堺屋さんは予言し...... [続きを読む]

受信: 2007年5月31日 (木) 22時28分

» 団塊世代 高齢化大好機(チャンス)の未来を読む [団塊世代 高齢化大好機(チャンス)の未来を読む ]
団塊世代がこれから作る未来の希望社会団塊シニア、私はその少し上の世代ですが、生き生きと死にたい世代です。今日同級生の奥さんが亡くなり、その葬儀に行きました。同級生の無念な様子がその挨拶の中ににじみ出ていて、人事とは思えませんでした。幸せな...... [続きを読む]

受信: 2007年6月 3日 (日) 21時21分

« 資産証券化のビークル 目的信託は法人税課税か? | トップページ | 自己信託して、受益証券を多数の投資家に発行した場合の規制って? »