« デッドアサンプション信託型スキーム | トップページ | 任意組合の組合員と合名会社の社員の損失負担の差異 »

2007年6月25日 (月)

貸株株券の返還請求権担保信託

貸株って、投資家が証券会社に預けている株式を機関投資家などに貸し出すような業務で、株を貸した投資家は貸株料をもらえる。でも、必ず貸した株が返ってくるとは限らない。で、そのリスク回避のために貸株株券の返還請求権担保信託というのがあるのだと思います。

すなわち、証券会社は投資家から預かった株券を機関投資家に貸し出す代わりに、貸株銘柄の時価相当額の代り金(「貸株代り金」)を受け入れて、その代わり金を信託します。この信託は、収益受益者と元本受益者(新信託法によると残余財産受益者かもしれないけど、とりあえず元本受益者)が別人です。 収益受益権者は委託者である証券会社で、元本受益権者は株を貸し出した投資家。収益は証券会社が受取って、おそらく、その収益から投資家に対する貸株料を払うのでしょう。貸し出した株券が返還されない場合は、元本受益権者に貸株の貸し出し時の時価相当額が支払われるのでしょうね。もし、何事もなく機関投資家から株券が返還されたら、想像なんですが、たぶん、その信託は終了して、信託金は、元本受益者でなく、委託者に返り、委託者が機関投資家に返すのではないかと。つまり信託代わり金を受取る人が、2パターンある。何もないときは、委託者(帰属権利者)、何かあったときは、投資家(元本受益者というか残余財産受益者)。

で、課税関係はどうなるのでしょうか。新税制では、受益者というのは、受益者としての権利を現に有するということが大前提。投資家にとって、元本部分の返還を受けるのは、何かトラブルが起こったような時点、つまり停止条件で元本部分を受取ることになるのです。だから、信託設定時に投資家としての権利を現に有しないとされ、投資家は受益者にならない。委託者の方は、信託設定時点で、信託から生ずる利益はもらえることになっている。つまり、信託設定時は受益者は委託者だけになるから、特に課税関係はない。もし、何事もなく信託が終了した場合は、委託者に信託金が返還されるだけだからこの時点も課税関係はない。もし、トラブルが起こって、元本部分の支払いを投資家になされた場合は、この時点で投資家に対し課税関係が生ずる。すなわち、信託金を受取った時点で、投資家が有していた株券を貸し出したときの時価相当額で譲渡したものとして譲渡所得課税が生ずる。となるのではないでしょうか。

|

« デッドアサンプション信託型スキーム | トップページ | 任意組合の組合員と合名会社の社員の損失負担の差異 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143467/15551739

この記事へのトラックバック一覧です: 貸株株券の返還請求権担保信託:

» 金融商品取引法を学ぶことは大切です [金融商品取引法を学ぶ]
金融商品取引法を知らないとダメージをうけます [続きを読む]

受信: 2007年6月25日 (月) 23時08分

» ライバルに内緒で1億3千万。あなたも秘密にできるなら。。。「ミリオネアFX」 → http://200mannennkar.jugem.jp/ [200万円からはじめて2年5ヶ月で資産1億3587万達成! ミリオネアFX【インフォトレード株式会社】で稼ぐのはあなた?]
初めまして、いつも楽しく拝見しています。この度「200万円からはじめて2年5ヶ月で資産1億3587万達成! ミリオネアFX【インフォトレード株式会社】で稼ぐのはあなた?」というサイトを作りましたのでトラックバックさせていただきました。貴ブログ訪問者であるマーケットから毎週、現金を強奪する快楽をどうしたら味わえるのか知りたいあなたや、たった2年5ヶ月で1億3587万円もの資産を手に入れた、明確なFXトレード法を知りたいあなたには、非常に有益な情報だと思っております。ぜひご訪問いただければ幸い...... [続きを読む]

受信: 2007年7月 9日 (月) 20時53分

» 日経225先物取引でがっつり稼ぐ方法(7月11日) [日経225先物取引でがっつり稼ぐ方法]
こんにちは。本日は下がりましたが、意外と底堅い印象がしました。昨日の米国株式市場が大幅反落したこ... [続きを読む]

受信: 2007年7月11日 (水) 22時54分

» 株には金融商品での国際投資信託でも [株で初心者でも儲ける方法を相場格言も知ってミニ株でも儲ける!]
金融商品の良し悪しを判断する意味でも、『安全性』、『流動性』、『収益性』の3つで... [続きを読む]

受信: 2007年7月16日 (月) 14時25分

« デッドアサンプション信託型スキーム | トップページ | 任意組合の組合員と合名会社の社員の損失負担の差異 »