« 特定受益証券発行信託が発行できる法人 | トップページ | 他益信託の疑問  委託者が元本受益権者の場合 »

2007年6月14日 (木)

民法上の組合と信託

組合(民法上の組合)というのは、複数の者が出資して、一緒に事業を行い、利益を受けリスクも負う契約 出資する者と事業を行う者と利益を受けリスクを負担する者はほぼ一致する。

これと信託を比較すると

 複数の者が出資して    信託は単数の者が出資することが可能

 一緒に事業を行って    事業を行うのは、受託者

出資する者と事業を行う者と利益を受けリスクを負担する者はほぼ一致 信託の場合は一致する場合もあれば、一致しない場合もある。 委託者と受託者が一致するのは自己信託、委託者と受益者が一致するのは自益信託 受託者と受益者が一致することも認められるが、受託者が受益権の全部を1年以上所有している場合は、信託は終了する。信託とは、あくまでも受益者のために受託者が資産を管理処分するものだから。

リスクの負担は、民法上の組合の場合は、組合員が組合債務に関して無限に責任を負う。

信託の場合は、受託者の負担と受益者の負担にわかれる。 受託者の負担は、原則的には無限責任であるが、限定責任信託の場合は、信託財産限度で負担する。受益者の負担は、原則は、有限責任であるが、信託契約等で定めがある場合は、無限責任となる場合もある。

|

« 特定受益証券発行信託が発行できる法人 | トップページ | 他益信託の疑問  委託者が元本受益権者の場合 »

コメント

初めまして。岩崎かおると申します。

「民法上の組合」を検索してたら、こちらに辿り着きました(笑)

これも何かの縁かと思いますので、どうぞ相互リンクよろしくお願いします。

ちなみに3年間程、大阪市内で働いてたこともあるので大坂グルメについても語り合えたら楽しそうですね☆

投稿: 岩崎 かおる | 2007年6月21日 (木) 14時47分

突然の書込み失礼致します。
はじめての投資信託を運営している斉藤と申します。

本日は、相互リンクのお願いを致したく思い
メールさせていただきました。

貴ブログへのリンクは既にトップページ中央に設置されている
「投資信託関連のブログ紹介」でご紹介させて頂いており、
数時間毎に自動巡回し、最新の記事を記載しております。

大変恐縮ですが、相互リンクの方、
ご検討していただけると幸いです。

また、当サイトからのリンクについて問題があるようでしたら
直ぐに削除させて頂きますので、あわせてご連絡頂けると幸いです。

よろしくお願い致します。

--------------------------------------------
サイト名 :投資信託の入門ガイド - はじめての投資信託
サイトURL:http://tousi.e-dokuritu.net/
サイト紹介案:はじめて投資信託にチャレンジする方の入門サイト
------------------------------------------------------

投稿: 斉藤 | 2007年6月14日 (木) 22時20分

こんにちは。
「年利20%の資産運用-スワップ金利で皮算用-」
というサイトの管理人「のりたか」と申します。

貴サイトと相互リンクをしていただきたくお願いにあがりました。

貴サイトは以下に貼りましたので、ご確認ください。
http://f13.assetsplan.net/fx13/link7-9.html

当サイト情報です。リンクしていただけるさいには、ご利用下さい。

■サイト名  年利20%の資産運用-スワップ金利で皮算用-
  ※長い場合、「 年利20%の資産運用 」だけでもOKです。
■URL  http://f13.assetsplan.net/fx13/
■紹介文  年利20%になるように資産運用しています。

お手数ですがリンクしていただけましたら、返信にて、
リンク先を明記の上ご一報ください。

ご検討よろしくお願いいたします。

連絡先
nori☆assetsplan.net
☆を@に変えてご連絡ください。ご面倒ですが迷惑メール対策です。

投稿: のりたか | 2007年6月14日 (木) 18時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143467/15427405

この記事へのトラックバック一覧です: 民法上の組合と信託:

« 特定受益証券発行信託が発行できる法人 | トップページ | 他益信託の疑問  委託者が元本受益権者の場合 »