« 全株取得条項付種類株式の対価として1株未満の株を割り当てられた株主の課税上の取扱 | トップページ | 日本版預託証券 »

2007年8月24日 (金)

受益者と信託財産の間で取引をする場合 税務上の仕訳 その1

受益者Aが100%受益権を所有している場合

受益者が商品を2,000円掛仕入れした。

受益者A仕訳  仕入 2,000 買掛金 2,000

この商品を信託財産に3,000円で売却した。

税務上 仕訳なし

受益者の会計では、自分が自分に取引する場合は内部消去するとなってます。(信託の会計処理に関する実務上の取扱いQ5あたり)税務上も自分が自分に売って、買うことはありえないから仕訳はないと考えます。ただし、受託者の会計上は3,000円で仕入たと考えるのではないでしょうか。

信託財産の商品のうち50%を4,000円で掛売りした。すごいぼったくりですが

受益者Aの仕訳  売掛金 4,000円 売上 4,000円

残りの商品は期末に売れ残った。掛取引は期末にすべて決済されていない。

受益者Aの税務上の貸借対照表    受益者Aの税務上の損益計算書

売掛金 4,000   買掛金 2,000  売上   4,000

商品  1,000           売上原価  1,000

                                                売上総利益 3,000

それでは受託者の会計ではどうなるのか

信託財産は3,000円で購入した商品の半分を4,000円で売却して、期末に在庫として1,500円残っている。売買取引はすべて掛で期末に決済されていない。

信託財産の貸借対照表       信託財産の損益計算書

売掛金 4,000 買掛金 3,000   売上   4,000

商品  1,500          売上原価  1,500

                                        売上総利益 2,500

信託の計算書ってお上に提出することが義務付けられていますから、こっちもやっとかないといけない。


|

« 全株取得条項付種類株式の対価として1株未満の株を割り当てられた株主の課税上の取扱 | トップページ | 日本版預託証券 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 全株取得条項付種類株式の対価として1株未満の株を割り当てられた株主の課税上の取扱 | トップページ | 日本版預託証券 »