« セキュリティ・トラスト始動 | トップページ | 不動産信託受益権 投資法人と証券投資信託 »

2007年10月11日 (木)

またまたTK解散時の現物払い戻し 

先週、TKの解散時の現物払い戻しというマニアックな記事を書きました。今日はマニアックなTKのお話の続き

出資者とTKの契約を結び100円出資し、営業者はその資金で信託受益権を買いました。この信託受益権の中身は土地です。営業者の帳簿上に信託受益権(土地)100が計上されています。       

営業者のBS上は  

 資産         負債 

信託土地     100 TK預かり金100

出資者のBS上は

 資産

TK出資   100

この信託契約を解除し、営業者は、土地の実物を受け取りました。この時点での土地の時価は300.信託解除時点で、土地の含み益課税は行われません。自分が別に預けていたものが自分の手元に返ってくるだけだから。

営業者信託終了時の仕訳   

土地    100  信託土地   100

なお、信託財産から生じた利益は、現金で全額出資者に支払われていました。だから出資者のTK出資の帳簿価額は100のままでした。

 営業者のBS上は     

資産       負債

土地    100 TK預かり金100

 出資者のBS上は  

資産

TK出資   100

さて、TKを解散しましたが、含み益のある土地は営業者に残し、出資者には、現金300を支払いました。

この場合の営業者の仕訳はどうなるのでしょう?

預かり金   100    現金 300

TK清算損200

出資者の仕訳は

現金 300     TK出資 100

          TK清算益200

営業者においてTK清算損 200を計上し、税務上 損金とできるのでしょうか。

もしここで清算損を計上し、その後営業者がこの土地を外部に300で譲渡した場合

土地譲渡時点の仕訳は

現金 300      土地   100

          譲渡益   200 となります。

ただ、TK解散時の清算損の計上に関して問題があるというご意見もあるようです。

この場合の営業者の仕訳は、

預かり金  100   現金  300

土地?   200

これは、解散時に営業者が土地を時価300で売却して、300円で買い戻したというように考えているのだと思います。

でも、土地自体はずっと営業者が自分の財産として持ち続けているようなものですし、税法の世界では、特殊事情がない限り資産の評価益は認められません。そうすると借方土地 200というのはどうかな?

こんな場合、どう処理すればOKなのでしょうか♪

|

« セキュリティ・トラスト始動 | トップページ | 不動産信託受益権 投資法人と証券投資信託 »

コメント

会計上の仕訳は
預かり金 100 現金  300
土地   200
とする以外にありえないでしょうね。
税務上認められるかどうかはまったく別問題ですが。
(会計上の経理と税務上の認識が一致する必要は無いですから)

ただ、組合運営時は、土地は実質は出資者のものであったわけで、清算によって譲渡が行われた、という解釈は不可能ではないと思います。

投稿: 元IB現PB | 2007年10月17日 (水) 17時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« セキュリティ・トラスト始動 | トップページ | 不動産信託受益権 投資法人と証券投資信託 »