« 受益証券発行信託計算規則のふ・し・ぎ お返事 | トップページ | インド株をJDRとして、日本で買えるか? No1 »

2007年11月18日 (日)

受益証券発行信託計算規則のふ・し・ぎ お返事-2

この議論は、受益証券発行信託のうち、税制上の特典のある特定受益証券発行信託の要件の一つ、利益留保割合が2.5%以下であるということのこの利益留保割合算定時期って何ということです。「受益証券発行信託計算規則のふ・し・ぎ」、「受益証券発行信託計算規則のふ・し・ぎ お返事-1」をご参照くださいませ!

太郎さん 第3期に問題になるのは第1期の「利益留保割合算定の時期の利益留保割合」ですよね。

この「利益留保割合算定の時期の利益留保割合」が第1期のBS日のBS上の割合で算定されるということでしょうか?確かに条文を読むとそうとも読み取れるなあと思うのですが、とするとわざわざ利益留保割合算定の時期をBS提出日にした理由は何なんだろうと思うのですが。

信託大好きおばちゃん: ここでいう、利益留保割合の算定時期というのは、第1信託計算期間から2ヶ月目以内の税務署長に第1信託計算期間の貸借対照表を提出した日のことだと思いますが、これは、会社法でいう決算が確定した日(決算の数値等の変更がないことが、その会社として決まった日)の信託版だということです。会社法の決算の確定日というのは、原則として、株主総会の決議のあった日ですよね(会社法438②)。ところが、信託法では、株主総会を開いて決算を確定するということはない。でも確定した日というのは大事なので、外部に確定したことがわかる日、つまり、税務署長に貸借対照表を提出した日を確定した日ということとらまえ、それを利益留保割合算定の時期と表現しているのだと思います。

上記は、お上がお作りなされた平成19年改正税法のすべて298頁を参照にしています。

これは、財務省のHPでもとれます。

|

« 受益証券発行信託計算規則のふ・し・ぎ お返事 | トップページ | インド株をJDRとして、日本で買えるか? No1 »

コメント

信託行為(信託契約)で、どう利益を分配するかは、通常、決めていると、信託ビジネスをやってる方からお伺いしました。

投稿: 信託大好きおばちゃん | 2007年11月18日 (日) 22時27分

ありがとうございます。 なるほどです。
計算規則からすると、BS日までに利益が確定していることが前提だよってことですね。信託行為にそういう定めがあるとか。

投稿: 太郎 | 2007年11月18日 (日) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 受益証券発行信託計算規則のふ・し・ぎ お返事 | トップページ | インド株をJDRとして、日本で買えるか? No1 »