« コーポレートガバナンスって何だ | トップページ | 「日経新聞」を読む人 読まない人 »

2008年4月 8日 (火)

肥満と負債、強い相関

今朝の東京は、雨。雨。雨。窓をぴしぴし叩いてます。

今朝の日経の経済教室は池田新介大阪大学教授の「肥満と負債、強い相関」です。

  ぬいぐるみ体型といいましょうか、肥満型の方は、借金も多いということをアンケート調査で実証し、では、どうすれば肥満を防止できるかということを経済学的なアプローチでお書きになられていらっしゃいます。

  肥満系の人というのは、せっかちで後回し傾向が強く、将来の損失を利益と同じくらい割り引く人が多いそうです。

  せっかちな人というのは、今、おいしいものをたらふく食べたいという現在の利益と、将来、その結果、服のサイズが合わなくなって服を買い換えるコストや医療費がかかるというコストと比較して、現在の利益にプライオリティをおく人。

これは、借金の多い人とも一致する。なぜ借金をするかというと、今、楽しい暮らしをしたいから、

後回し傾向が強い人 これは、子供のころ夏休みの宿題を2学期が始まる直前にあわててしあげるような人のこと。つらい計画はわかっていても、いざやるとなると体が動かない。やせればいいことがわかっていてもダイエットできず、結果、肥満への道を突き進む。

将来の損失を利益と同じくらい割り引く人。 いま、100万円をもらうかわりに1年後利子をつけてもらえるとなったら、いくら利子がほしいか? そりゃたくさんの利子をもらえる方がうれしいけど、高い利子を要求する人ほど、将来を待てない人と考えるようです。 

じゃ、逆にいま100万円払う代わりに1年後利子をつけて払うのだったら、いくら利子だったら納得できるか? そりゃ自分の手元からお金がでていくのだったら少ない利子の方がいいにきまってます。

この将来の支出を今の支出としてどれだけ考えるかが、肥満や負債の抑制ブレーキになるそうです。そして、そのように考えない人、つまり、将来たくさん利子を払ってもいいから今お金が欲しい人は、BMI平均値、負債確率ともに高かったようです。

41日から特定検診が始まりますが、これを有効に機能させるために、たとえば、なんぼ説教たれてもダイエットに励めない人に対しては罰金を課したらどうか。ダイエットに励まなかった結果、医療費が増え、国民の負担が増えるというのはおかしいから。なるほどだけど、いざ、そういう仕組みをつくるとなると難しいだろうなあというようなことだと思います。

とりあえず、ぬいぐるみ体型の方、是非、お昼休みなどに一読を、

|

« コーポレートガバナンスって何だ | トップページ | 「日経新聞」を読む人 読まない人 »

コメント

はじめまして、
なるほどと思う記事です。。

参考になります。
僕もせっかち後回しです。(「笑)
http://santa21.air-nifty.com/blog/2008/04/post_5e68.html

投稿: さんた | 2008年4月16日 (水) 18時52分

いつも楽しく見せていただいている他業種自営業者です。今回は、元の日経の記事は未だ読んでないんですが、まったく同感で思わず初コメントしてしまいました。負債も肥満も結局、収支のバランスのコントロールにつきるわけですよね。収入(消費カロリー)が支出(摂取カロリー)をほんのわずかでも下回れば、長い間にどんどん太っていったり、負債がどんどん増えていくわけで、逆にほんのわずかでいいので上回っていれば、長い間に、ダイエットも成功するし、資産も形成されます。ほんのわずか上回るだけでいいんですがね。だから、つねづね自分の体重をコントロールできない人は資産形成できないとは思ってますOrz

投稿: とおりすがる | 2008年4月 8日 (火) 10時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コーポレートガバナンスって何だ | トップページ | 「日経新聞」を読む人 読まない人 »