« 外国税額控除の見直しはどうなるのだろう。 | トップページ | 米国LLCの国際課税上の取り扱い »

2008年4月20日 (日)

なぜ、株価と長期金利は同時に上がるのか?

またまた、大学院のファイナンスの授業の復習をする信託大好きおばちゃんです。

 土曜日の日経の一面の右端にWORLD MARKETS18日というのがあって、そこを読むと日経平均株価が  1万3,476円4銭(+78円15銭)、長期金利10年国債利回り291回債日本相互証券  1.400%(+0.025%)とあります。

 株価が上がるというのは、通常は、今後の業績がよくなると期待されているときです。本当に景気がよくなってからではありません。 

 景気がよくなると、物がよく売れるようになるから、企業としては、新たな投資をしたりすることにより資金需要(お金を借りたいというニーズ)が増えます。お金を貸したいという人より借りたいという人が多くなると、当然、金利はあがります。

 株価が上がるタイミングというのは、景気がほんとうによくなる前であり、資金需要が増えるのは、景気がほんとうによくなってからであると考えると、株価の上昇と金利の上昇の間にはタイムラグが生ずるはずです。

 しかし、18日の日経を読むと、日経平均株価と金利が同時に上昇しています。

 なぜか?

 これが事実かどうかは別として、一つの推測ですが、

 株価が上がるというのは、誰かが、株を大量に買ったからです。でも、大量に買うためには当然お金がいる。普通預金に膨大なお金を寝かしている投資家はそんなにいない。そこで、どうするかというと、いっぱい国債に投資していた投資家が、その国債を売って、お金を捻出し、そのお金で株を買ったからではないかと。

 大量に国債が売られると、供給が増えるから国債の価格が下がる。そうすると金利があがる。

 だから、株価と長期国債の金利が同時に上がる。のかもしれない。

 

|

« 外国税額控除の見直しはどうなるのだろう。 | トップページ | 米国LLCの国際課税上の取り扱い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 外国税額控除の見直しはどうなるのだろう。 | トップページ | 米国LLCの国際課税上の取り扱い »