« FIN48(米国の会計ルールのひとつ)は、キツイなあ | トップページ | 貸金を取り返すためには ~越前屋と伝助の場合~ »

2008年5月26日 (月)

お金を貸すとは、プットオプションの売り 

 またまた、勉強中のファイナンスの整理をかねて。

 お金を貸すことによる利益というのは、金利です。金利というのは、市場動向によって変動するものもあれば、固定するものもあります。とりあえず、固定していると考えると、貸主から返済期間を通じて、一定のお金をもらうことができるようなもの。だけど、いったん貸主の調子が悪くなると、金利がもらえないどころか、貸したお金の全部または一部を返してもらえなくなります。

 これって、デリバティブでいう、プットオプション(売る権利)の売りのようなものではないかな。上限は、プレミアム(金利)であって、ダメな場合は、元本ががんがん毀損して、最悪、全部パーになります。

 他方、株式出資することによる利益というのは、配当とキャピタルゲインです。利益がでても配当が必ずされるということはないのですが、たとえば、非上場のときに買った株が上場して大化けして、売却したら莫大なキャピタルゲインを受けます。

 これって、デリバティブでいう、コールオプション(買う権利)の買いのようなものではないかな。下限は出資金額で、うまくいったら、無限大の利益をゲットできるかもしれない。

 昔の金融機関は、ここでいう、プットオプションの売りとコールオプションの買いの両方をやっていて、しかも、日本が高度経済成長だったから、金利を確実にもらい、かつ、キャピタルゲインもゲットしてほっくほっくだったらしい。

しかし、時代は変わり、金融機関はコールオプションの買い、つまり株式投資は難しくなり、プットオプションの売りだけとなった。

プットオプションの売りでも、会社が調子いいとき、または会社が調子悪くても、金利を払ってくれるときはそれでも利益がでるからいいけど、バブルがはじけ、長い不況時代となり、会社がつぶれ、プットオプションが行使され、プットオプションの売り手は、とことん損失をかぶった。

この損失をカバーするために担保なんてあるのですが、バブルがはじけて担保価値も下落したし、事業会社に対する貸付の担保は、資産の回収のためというより、他の金融機関が手を出さないようにする防衛策みたいなところがあるから、実質過剰融資ぎみ、だから、担保で損失をカバーすることが難しくって、大変な思いをしたそうであります♪

|

« FIN48(米国の会計ルールのひとつ)は、キツイなあ | トップページ | 貸金を取り返すためには ~越前屋と伝助の場合~ »

コメント

金利の所は確かにそう見えなくもないですね。ですが、さすがに株式の買いとコールの買いは違うと思います。損失額が出資額に留まる(ゼロ)のが株式の買い。一定額(オプション代金)で留まるのがコールの買い。出資額以上に広がるのが信用買いです。

投稿: 祐介 | 2008年5月26日 (月) 23時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« FIN48(米国の会計ルールのひとつ)は、キツイなあ | トップページ | 貸金を取り返すためには ~越前屋と伝助の場合~ »