« グローバル企業は、無借金、無還流 | トップページ | CDSに、ヘッジ会計は使えるか? »

2008年6月26日 (木)

地震デリバティブと地震保険

 地震デリバティブというのは、

たとえば 太郎と花子が次のような契約をする。もし、これから3年以内に関東地方にマグニチュード7以上の地震がおこったら、花子は太郎に1億円支払う。花子は、この債務を引き受ける代わりに毎年1,000万円を太郎から受け取る。もし、3年以内に地震が起こらなかったら、花子は合計3,000万円の利益を太郎から受け取る。もし、3年以内にマグニチュード7以上の地震が起こったら、契約どおり、花子は1億円を太郎に払わなければならない。太郎が、関東地方にいて、本当に被害を受けるかどうかなんて関係ない。太郎が、沖縄で、毎日、遊んで暮らしても、関東にマグニチュード7以上の地震が起こった場合は、花子から1億円をもらえる。

地震保険というのは、地震保険は地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする火災・損壊・埋没または流失による損害を補償する地震災害専用の保険であり、地震により建物または家財が全損、半損、または一部損となったときに保険金が支払われるようなもの。だから、地震と家屋や家財の被害に関係がないといけない。また、被害に応じて、支払われる保険金の金額は変わってしまう。

地震保険より、地震デリバティブの方が、面白い商品がいっぱい作れるんだなあ。

この地震デリバティブっていうのは、クレジット デフォルト スワップというもののひとつらしいけど、これの理論的な時価の算定は難しいでしょうね。

|

« グローバル企業は、無借金、無還流 | トップページ | CDSに、ヘッジ会計は使えるか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« グローバル企業は、無借金、無還流 | トップページ | CDSに、ヘッジ会計は使えるか? »