« 農林中央金庫のサブプライム評価損 | トップページ | デリバティブの評価損益の認識と、金融庁のPEに関する参考事例 »

2008年7月15日 (火)

ファニーもフレディも大丈夫かなあ

 今朝の日経は、ファニーメイやフレディマック(アメリカ人は人の名前をつけるのが好きですねえ。台風だってカテリーナとかでしょ。)が、大変な重病らしい。つい最近まで、ぴんぴんしていたはずなのに、つい1週間ほど前に、会計基準が変わって、オフバランスにした資産を貸借対照表に戻すと、その分だけ自己資本が減って自己資本の増強のために莫大な増資が必要だというレポートがでたことが発端らしい。

 ファニーメイとかフレディマックというのは、いわゆる住宅ローンなどをいっぱい買い取ってそれを、そのまま売るのではなく、いっぱいあるローンをまとめて1枚の紙にして、ウォールストリートの金融機関などに売って商売をしているようです。

 みそは、政府の保証がある(らしい)ということ。ファニーやフレディが作った証券の中身のローンがこげついても、政府がその分保証してくれるようだから、非常に安全性が高い。トリプルAみたいなものでしょうね。だから、投資家たちが安心して、この証券をいっぱい買ったり、売ったりする。この証券を投資家に売買して儲けるのは、証券会社。証券会社がお金を稼げるポイントは2つあって、最初の証券を発行して手数料をもらうときと、投資家間で売買して手数料をもらうとき。ファニーやフレディの証券は安全だからいっぱい売買をしてくれて、そこで手数料をいっぱい稼げるから、発行時はそんなに手数料がいらない。そんなわけで、仲介業者への手数料をさげることにより、ますますマーケットが広がったようです。

 で、ファニーやフレディは、ローン担保証券だけでなく、自分のところの社債もいっぱい発行している(米国債規模の3割強らしい)ようですが、もし、彼らがこけてしまったら、社債などこれらの証券は紙切れになってしまう。この証券は世界中の金融機関やら事業会社やらが持っていて、この証券を担保に資金調達をしているようなところもいっぱいある。そうすると、世界中が大変になるということらしい。

 だから、アメリカの金融当局者は、必死のようですね。記事を読んでいても、彼らの心臓の鼓動の高鳴りが聞こえてきそうです。

 

 日経新聞を読むと、住宅金融会社支援の次は、日本と同様、公的資金を使った銀行への資本増強策だそうです。 さて、いつか、どこに対してか。

 

|

« 農林中央金庫のサブプライム評価損 | トップページ | デリバティブの評価損益の認識と、金融庁のPEに関する参考事例 »

コメント

たまに見させていただいたりしています。
初めてコメントさせていただきます。

FNMAの話のなかで、下のブログにFNMAの証券化の信託の仕組みが説明されているようですが、ちょっとへんじゃないですか。
仕組みがちっともわかりません。
基本からできていないからか、ブログの説明がどこか誤っているのかと疑いたくもなります。
でもこんな奇妙な信託を数兆円投資する銀行って、すごい。
http://consumerloan.blog.shinobi.jp/Entry/102/

FNMAがそうだとしたら、日本の住宅公庫の証券化債券もそうなんでしょうか、ね?
基本の解説がほしいって、そんなことはお願いできる筋合いではありませんが、ご関心もたれて、書かれたら、恩恵にあずかれるかなと。
不謹慎な要望ですが。

投稿: kamome | 2008年7月29日 (火) 20時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 農林中央金庫のサブプライム評価損 | トップページ | デリバティブの評価損益の認識と、金融庁のPEに関する参考事例 »