« アーバンコーポレーション 破綻の実相(上) | トップページ | 火曜日の朝の雑感 »

2008年9月14日 (日)

出版パーティ ~ 天河神社 ~ 目黒のさんま祭

 ふーーーっつ 9月の3連休の真ん中で、一息いれている信託大好きおばちゃんです。

 金曜日の午後から東奔西走しております。

 金曜日の夕方に、先日、ご紹介させていただいた米田淳さんの「新不動産信託の活用術」の出版記念パーティが大阪であったので久々に、大阪に戻りました。

 信託大好きおばちゃんのブログで紹介させていただいたところ、その効果かどうか知りませんが 売れ行きが好調のようです。これからもどんどんよい本やよい情報を紹介して、信託を知ってもらわないとね。今はまだそういう段階だから。

 さて、その日の晩は、大阪近郊の自分んちに泊まりました。というのも、翌日、朝、6時前に家を出発して、奈良県の山奥の天河神社におまいりにいきたかったからです。

 天河神社というのは、内田康夫の「天河伝説殺人事件」の舞台にもなった神社ですが、古くからあり芸能(特に能)に強い神様のいらっしゃる神社であるだけでなく、現在ではパワースポットというか、この神社に行くと、人生が変わるといわれるようなところです。

阿倍野橋(天王寺)から近鉄電車に乗って下市口で降り、そこからバスで1時間超(しかもこのバスが一日に数便しかない)。正真正銘の山奥です。

  

 神社にお参りしてから、徒歩40分くらいかけて天川川合という天川村の観光案内所があるところまで歩き、次にそこからバスで洞川温泉に行きました。ここは、いまだに女人禁制の大峰山に登るためのベースキャンプでもある風情のある温泉地です。

なぜ、洞川温泉にでかけたかというと、温泉に入るためだけではなく、実は、割箸を買い付けるためだったのです。今では割箸というのは輸入物が大半ですが、実は、奈良県の吉野あたりが割箸の有名な産地であり、吉野に近い洞川温泉のおみやげ物やさんでもしっかり売られていました。信託大好きおばちゃんは100本入り450円の割箸の詰め合わせを2袋買っちゃいました。注文すれば東京でもどこでも送っていただけるのですが、やっぱり割箸は、現地調達に限ります。

 本日 914日は、朝9時から、再び 目黒のさんま祭(目黒区バージョン)に参加♪ 待ち時間2時間半ぐらいでした。早朝、湿っぽい天気だったのですが、並んでいる間にお天気も回復し、炭火でやいた、ほんとにおいしいさんまをいただきました。それにしても一匹のさんまを食らうためのこの情熱っていったいなんだろうねえ。

|

« アーバンコーポレーション 破綻の実相(上) | トップページ | 火曜日の朝の雑感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アーバンコーポレーション 破綻の実相(上) | トップページ | 火曜日の朝の雑感 »