« 明日は、目黒のさんま祭り(品川区バージョン)だよ | トップページ | 債権譲渡禁止特約には自己信託は含まれるのか? »

2008年9月 8日 (月)

株券ペーパレス化に伴う端株の買取と税金

 昨日、予告どおり目黒のさんま祭りに行ってきました。朝、9時前には現地についたのですが、既に物凄い行列でして、2時間待ちでした。美味しかったですね。やっぱ、さんまは目黒に限ります♪

 土曜日(96日)の日経の投資・財務面に 「端株強制買取 代金、みなし配当課税 KDDI株主に注意喚起」です。

 もうすぐ株券がペーパレス化されるのですが、KDDIでは大量に発生している端株をこの際処理するようですが、いくつかの選択肢があって、ぼーっとしている株主は、税金面で損しますよということです。

 選択肢として まず2つあって、株主が自らの選択で、端株を買いまして整数倍にするか、端株を会社に買い取ってくれと請求するかというものがあります。

 で、いずれも選択しなかった場合は、強制的に残った端株を売却して代金を支払ってもらうということです。

 端株を会社に買い取ってくれと請求してお金をもらった場合、これは株式を譲渡して代金をもらったものとされます。そうすると代金を支払った時点で税金が差っぴかれない。   

こっちは、確定申告で精算してくださいということでしょ。譲渡代金よりも買った値段が高い場合は税金を払わなくていいし、逆の場合は払わないといけない。

ほったらかして強制的に換金されお金をもらった場合は、これは配当みたいなものと扱われるようです。そうすると代金を支払った時点で税金が差っぴかれる。買った値段がいくらということは関係ない。

ま、確定申告で精算したら、払った税金が還付されることもあるとは思いますが。

ただ、支払時点の手取りがどうなるかということで比較すると買い取り請求に応じた方がたくさんお金をもらえるので、有利ということかな。

一方、株主が法人の場合だったら、譲渡益課税よりも配当課税の方が望ましい。だって配当についてその金額の全部または一部を税金を計算するときに収入から除いていいというルールがあるからね。だから、敢えて、ほったらかしにする会社があるかもしれない。

いずれにしても買い取り請求は924日まで 買い増しは910日までだそうです。

端株の買取請求・買増請求についてのご案内

端株の処分に関する税制についてのお知らせ

|

« 明日は、目黒のさんま祭り(品川区バージョン)だよ | トップページ | 債権譲渡禁止特約には自己信託は含まれるのか? »

コメント

みなし配当と
みなし譲渡損になって、損益通算できませんが・・・

投稿: みうら | 2008年9月 8日 (月) 21時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 明日は、目黒のさんま祭り(品川区バージョン)だよ | トップページ | 債権譲渡禁止特約には自己信託は含まれるのか? »