« 金融危機という大火事がおこったらまず最初にするのは | トップページ | リーマンのCDSの損は意外と小さい »

2008年10月10日 (金)

REIT初の破綻だそうです

 今朝の日経のトップ面に「REIT初の破綻 ニューシティ負債1123億円 民事再生手続き開始」だそうです。

 いつか、くるだろうと思っていたことがやってきましたね。

この投資法人は、賃貸住宅(主として東京の都心のえーところ界隈 投資比率62.5%)ですね。

直近といっても20年2月期の決算数値だけを見ると、絶対に1年以内につぶれるとは思えない内容。資金繰りショートが起因なんでしょうね。

REITは、もうけの90%超を配当にまわさないと、配当が損金とならないからいっぱい税金をはらわないといけないという問題があります。ということは、内部に利益がお金という形で溜りにくいです。

お金が必要なのに株価が下落しっぱなしだから株主からお金を集めるのも難しいし、金融機関もお金を貸してくれないし、外人投資家はそれどころじゃないから、必然的に不動産を売却してお金を集めないといけないけど、このご時世、買ってくれる人が見つかりにくいからねえ。

ところで、今朝の新聞の折り込み広告にも、いっぱい新築マンションの広告がはいってました。結構なお値段だけど、買う人がいるのかなあ。もう外資系の金融機関の人も当てにならないしね。ということは、この広告をだした不動産の関連会社も相当厳しい状況になる可能性が高い。そうすると、マンションの値段も下がらざるを得ない。

億ションを投資用に買う人は、ここしばらくはあらわれないと思いますが、ほどほどのところまで値段の下がったマンション(中古も含めて)なら自分んち用に買いたいと思っている人たちはそれなりにいらっしゃると思います。そういう人たちは、最近のマンションのちらし広告で、同じマンションの値段が、時を経るごとに下がってくるのを固唾を呑んで、頭の中でぱちぱちと資金繰りの計算をしながらにらんでいるような気がします。

よほど、これはという物件が出ない限り、来年3月くらいまで、辛抱強く待つ(その後も価格は下がると思いますが)のが得策なんでしょうね。

|

« 金融危機という大火事がおこったらまず最初にするのは | トップページ | リーマンのCDSの損は意外と小さい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 金融危機という大火事がおこったらまず最初にするのは | トップページ | リーマンのCDSの損は意外と小さい »