« アイスランド危機を日本は笑えるか? | トップページ | 格付けの何が問題だったのか? »

2008年10月21日 (火)

TOEIC 信託大好きおばちゃんの挑戦

 今日は、時事ねたでも税金ねたでも信託ねたでもなくTOEICねた。

 TOEICとは、誰でも知ってるビジネス英語のテストです。このテストで判定されるスコアに一喜一憂していらっしゃる方もそれなりにいらっしゃると思います。

さて、信託大好きおばちゃんも、たまーに、ここ10年くらい(ええおばちゃんになってから)TOEICを受けています。10年くらい前に始めたのは、ちょうど、米国公認会計士試験の勉強をしていたころ。実は、合格した直後のスコアって600点台だったんですね。あの試験にパスした人のスコアの中ではおそらく最低ラインでしょう。そのくらい英語がだめだったわけです。

アメリカの試験に通ったわりには、ヒアリングなんて全然できなかったですしね。で、これはまずいということで、試験に通ってからちょっとずつ勉強しました。まあ、その当時は、英語を使う仕事もあったので、少しずつTOEICの点数も伸びていきましたね。といっても700点台。

運命は皮肉なもので、その後、まったく仕事で英語を使わなくなりました。せっかくアメリカの会計や税法を勉強したのにむだにするのも悔しいなと思っていたところ、たまたま米国の連邦税法を教える機会があり、このときに、再度、必死で勉強をしました。基本的な米国の税法を英語を読みながら日本語で教えたのは、すでにある程度日本の税法の基礎もあったので、自分の血や肉を強くしたかな。でも、英語の能力はそんなに伸びなかったですね。このころでTOEIC750点くらい。ほんとうにたいしたことがない。

アメリカの税法を教えたのは1年半くらいで、その後、ここ5年くらいは全く仕事で英語を使わなくなりました。でも、英語は必要かなと思って勉強していたところ、ようやっと3年くらい前でTOEIC800点前後うろうろ。ここで、また停滞。

いろんなことがあって、上京したのですが、またもや英語にはほとんど触れずでした。当然、英語力は、がくっと落ちました。

そして、今年、このままじゃいかん。やっぱり英語ができないとまずいんじゃないかということで、以前、一度お世話になった大島さくら子先生の港区の通訳ボランティアの講座を再受講し、先生の指示にしたがい毎日、英語に少しでも触れるようにしました。大島さくら子先生の講座は、他に早稲田大学のエクステンションでもあるので、4月からはそちらの方に移り現在に至っております。

そして、9月にTOEICを受けたのですが、いままでではベストの830点(リスニング395点 リーディング435点) 普通、このくらいのスコアの人は、リスニングの方がリーディングよりも高いはずなのですが、なぜかこんな感じでした。やはり、リスニングがダメですね。リーディングは、毎朝、ブログを書く前に、日本の税法に関するこなれた英文を日本語に訳して、それを読んで英語に訳すという訓練を7月くらいから3ヶ月くらい続けたていたので、その効果があったのかもしれません。あっ、それから大島さくら子先生のシーン別ほんとうに使える実践ビジネス英語を毎日、ディクテーション(聞いて、すぐ英文で書き写すこと)していることもね。

来年のTOEICの目標は、860点といいたいところですが、いままでの膨大な時間を考えると難しいかもしれません。でも、中年からはじめた英語道です。是非、還暦にはTOEIC900点 古希には950点をめざし、進化し続ける信託大好きおばあちゃんになって人生を全うしたいと切に思うのです♪

|

« アイスランド危機を日本は笑えるか? | トップページ | 格付けの何が問題だったのか? »

コメント

はじめまして、たっちゃんと申します。楽しく拝見させていただきました。
カリフォルニアに留学していたとき、むこうの大学で使ったディクテーションソフトが
英語の勉強に大変役に立ちました。
そこで、ディクテーションソフトを自分で作ってみました。
http://eigo4646.dip.jp/index.php
お時間があるときに使ってみてください。
感想など掲示板に書いていただけるとありがたいです。
皆さんのコメントは、http://eigo4646.dip.jp/yybbs/yybbs.cgi

また、英語のリスニングが聞けるメルマガも発行しています。
ヤフーメルマガの「30秒英語リスニング」
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/18722/p/1/
ただし、ヤフーではリスニングが表示されないので文中のサイトをクリックして英文を聞いてください。

投稿: たっちゃん | 2008年10月25日 (土) 10時22分

こんばんわ!
信託おばちゃんはやっぱすごい!
尊敬します。英語がんばってはる。私も負けずににといいたいところですが、英検準2級合格も夢のまた夢です。日本語すら最近ではままならず、苦労しています。
今日社内研修があり、信託の税制がテーマでした。
税法的にはあまりメリットはないようですね。
自己信託が解禁になり
財産の隔離とか保護とか遠隔操作のようにコントロールするには有効な手法なのですね。信託とは黒子のような存在なのでしょうか?

投稿: mimi | 2008年10月21日 (火) 22時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アイスランド危機を日本は笑えるか? | トップページ | 格付けの何が問題だったのか? »