« 竹中式 マトリクス勉強法 | トップページ | アイスランドのサムライ債がデフォルトすると、 »

2008年11月19日 (水)

そろそろ税制改正の季節

今朝の日経を読むと、そろそろ来年度の税制改正の季節だなあと実感します。

 来年の目玉は、事業承継税制と、たぶん国際課税(配当の非課税?)だと思います。

事業承継税制は、一定の中小企業の株を相続した場合は、相続税が大幅に納税猶予できますよ、だから、相続を理由に廃業なんてしないでねというようなもの。でも、結構、要件がきつくて、条文を最後まで読む気持ちがなくなるのですよね。

 日経を読んでいたら「農地集約促進へ 税制優遇を要望 自民部会」

農地の面倒をみてくれる人が相続した場合、相続税の支払いを先延ばししていいですよという制度があります。そして20年間の農地の面倒をみたら、支払を先延ばしにした相続税を払わなくてもいいですよ。

 この農地の面倒をみるというのは、原則的には、自分で面倒をみるというものですが、世の中の流れを取り入れて、大規模農業を営むために農地を貸す場合もOKにしましょうというようなもの。

 いわゆる農業生産法人に貸すようなものですよね。信託大好きおばちゃん的には、農地を信託するという手法はどうかなあと思うのですが♪

 

|

« 竹中式 マトリクス勉強法 | トップページ | アイスランドのサムライ債がデフォルトすると、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 竹中式 マトリクス勉強法 | トップページ | アイスランドのサムライ債がデフォルトすると、 »