« トヨタの社債と個人向け社債 | トップページ | 立山連邦 建国 »

2009年2月24日 (火)

おくりびとはなぜアカデミー賞をとったのか。

今朝の新聞は「おくりびと」がアカデミー賞の外国語映画賞をとった記事がいっぱい載ってますね。アカデミー賞の外国語映画賞の受賞は、今回が初めてだそうです。意外でした。日本映画は、ヨーロッパ系の映画賞(カンヌ、ヴェネチア、ベルリンなど)では強かったのですが、どうもアカデミー賞ではあんまり評価されていなかったようです。

 

 この映画自体は、まだ見ていません。もっくん、ビッグになったなあ。シブがき隊(やっくん、ふっくん、もっくん)って、ジャーニーズ系のユニットの中では、ダントツの人気ではなかったような記憶があるのですが、解散して、バラになって、フェードアウトするどころか、当時よりもはるかに凛と輝いきましたね。もっくんは稀有の方です。きっと、人気に左右されないぴーんとはった筋のようなものがあるのでしょうね。

 もっくん礼賛はこのくらいにして、でも、なぜおくりびとがアカデミー賞をとったのでしょう。日経の文化面で、渡辺祥子さんが「「おくりびと」にアカデミー外国顔映画賞 穏やかな「死」の表現に評価」という原稿をお書きになられています。

 今年の外国映画賞は、カンヌ国際映画祭で最高賞をとった作品など、強豪がひしめいていました。なのに映画賞は地味なおくりびと。でも、渡辺さんは「やはり」と思われたそうです。

 世の中,未曾有の金融危機が実態経済に影響を及ぼし暗いことばかり。なみいる強豪の作品がどれも、いまの社会情勢を描いた重いものが多かった。憂鬱な気分のときにヘビーな料理ばっかり食べていると、たとえ素晴らしいものでもうんざりしてしまいます。そんなときに、あっさりした和食がでてきたら、はっと感動して、いつも以上においしいと感じるのかもしれません。

 渡辺さんは、タイミングが大きく味方したとお書きです。もちろんタイミングだけではないのですが。でも、芸術作品というに優劣をつけるのは非常に難しい。感性の問題ですから。一生懸命創らないと受賞の候補にはなれない。受賞するかどうかは、神様がそのときの状況をみて、ぱっとフィットしたものにウィンクするから、努力と関係ない。でも受賞するとしないとでは、その後の経済的効果が全然違いますからねえ。

 ということで、今週は、これでおしまい。ちょっと、ネット界から消えま-す。

|

« トヨタの社債と個人向け社債 | トップページ | 立山連邦 建国 »

コメント

私は遅まきながら「おくりびと」の素地となった青木新門さんの「納棺夫日記」を読みました。
先の直木賞を受賞した天童荒太さんの「悼む人」を読んだときにも感じた、「生」と「死」のこと。
この二つを読んで私はこんな感想を抱きました。
こうした作品が多くの人に関心をもたれている現代は、モノが溢れて豊かになっているかのように見えるのですが、その実、皆なにか不安や満たされない感覚が拭いきれない、いわば”こころの時代”なのかもしれない、と。

投稿: 借方差異 | 2009年3月 3日 (火) 14時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« トヨタの社債と個人向け社債 | トップページ | 立山連邦 建国 »