« CDSの売買・清算業務に東証が進出すると | トップページ | アメリカの税制改正+α »

2009年3月26日 (木)

平田副大臣はなぜ、株を売却したのか

 

ひさびさに紙面に信託という言葉がでてきたので反応した信託大好きおばちゃんです。

日経の社会面のタイトルは「保有株、信託せず売却 平田財務副大臣 市場価格の2倍 大臣規範に抵触」

 あんまりいい話題ではありませんね。

 日本では、大臣のような公職につかれた人のために倫理規定が設けられていて、その中で、在任中に有価証券などの取引を自粛するために信託してねというものがあります。

 ところが平田さんは、このルールに従わず、ジャスタック上場のチヨダウーテ株を信託せず、ゼロシステムという会社に時価の2倍くらいの対価で売却したようです。

 そんなことしたら、自分の首が飛ぶかもしれないのになぜやったのでしょう?

 チヨダウーテは ジャスタックに上場されていますが、平田さん一族が作った会社のようであり、副大臣自身も以前は社長をしていらっしゃったようです。 ゼロシステムというのは、副大臣のオーナー会社

 副大臣との一問一答(日経)を読むと

「株式の信託は、ゼロシステムから売ってくれといわれていたのでできなかった」

 ゼロシステムは副大臣の会社 売ってくれと自分がいっているようなもの

「売却額の使途は、一部は自分の借入金の返済に使うが、残りはゼロ社に貸付金として残し、同社の増資に使う。現金化する気はなく、選挙資金にも使わない」

 これは、平田さん個人の借金を返済する必要があるためでしょうね。 記事によるとゼロシステム自身は株式購入の資金を自社資金でまかなったとされていますけど、6億円の資金があったのかなあ。平田さんの借金をゼロに付け替えたようなものではないかな。どうしても平田さん自身が借金を返済する必要があったからではないのか。

平田さん自身は、株の売却代金を返済に当てて、残りは貸付金とし、将来、DES(債務の資本化)すると書いてらっしゃいますが、これだけ高額な値段で市場外の相対取引で公開株式を売却すると、株式の譲渡益に対する税金(税率20% )も馬鹿にならないはず。この税金分のお金はあるのか。それとも、平田さんのチヨダウーテ株の購入代金が高いから、時価の倍で売っても損がでて税金を払う必要がないのか?

うーん たぶん税金を払う必要のない取引になっているのでしょうね。

倫理規定違反でも罰則はないようですが、平田さんが来週の今頃も副大臣である可能性は非常に低いものと思われます♪

|

« CDSの売買・清算業務に東証が進出すると | トップページ | アメリカの税制改正+α »

コメント

いつも勉強させていただいております。
ありがとうございます。

辞表を出しましたね。

この件、政治献金とは違った根の深い、それこそ本当の「悪」と、本当の「バカ」があると思います。

呆気にとられます。

それにしてもなんで、単純な決まりを守れないんだろう。
しかも、すぐ判明することなのに。
不思議でしょうがないです。


選ばれる人のレベルは、選ぶ人たちのレベルでもありますね。

投稿: cazusci | 2009年3月26日 (木) 19時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« CDSの売買・清算業務に東証が進出すると | トップページ | アメリカの税制改正+α »