« FAS159というマジック | トップページ | 久々のお返事♪ »

2009年4月24日 (金)

研究開発費の減税拡大と外国子会社配当益金不算入

草なぎくんが公然わいせつでぱくられちゃったぁ! 鳩山さんは怒っているけど、信託大好きおばちゃんは、笑っちゃうねえ。 麻薬でぱくられるとタレント生命の危機に晒される可能性が高いけど、酒飲んで裸で暴れるってねえ。いい年をして、いいかんじだなあ。彼は、芸能人なんですよ。と書くとブログが炎上するかなぁ。

 選挙対策だと思うのですけど季節外れの税制改正が行われます。今朝の日経のトップ面では、研究開発費(税法用語では試験研究費 試験研究費の範囲<研究開発費の範囲) 減税の条件を緩和というのがあります。

不況のときは、交通費や交際費、広告宣伝費とともにすぐにお金を生まない研究開発費も削られます。でも、研究開発費というのは、将来の飯のたねのための投資でありこれを削ると未来の利益も減ります。それはまずいので、不況の間でも研究開発費を使い続けたら、効果がでるころには税金カットする恩典をあげますから、がんばってくださいねということ。

次に日本の企業の中にはグローバル展開しているものも多い。日本の法人税率は世界的にも高率だから、海外で稼いだ利益を日本に還流せず海外で再投資することが多い。それじゃ日本の産業の空洞化になりかねないので、外国子会社から払われてた配当は日本で95%非課税にしましょうという制度ができました。日経の投資・財務2面に「海外子会社の配当課税撤廃が効果 ローム、一転黒字」という記事があります。

これは、絵に描いた餅系のお話ですが、会計では海外子会社が稼いだ利益で留保されたものの内、将来、日本に配当として還流させようと思っている部分は、還流させたときに、追加で税金がかかるからその分、将来の追加法人税を見積もって繰延税金負債を計上しましょうというお約束がありました。しかし、今般の税制改正で、基本的には追加で税金がかからないことから、過去に計上した繰延税金負債は平成213月期の決算で取り崩すこととなりました。負債を取り崩すと会計上利益が生ずることになるので、予想した決算よりも業績が好調になりそうだということです。

この外国子会社配当非課税ルールを作ったのは、還流された利益を研究開発費に使って欲しいからという意図があるからだと思いますが、ロームさんが研究開発費に使うか、他の事に使うかはわかりません。お金に色はつけられませんからね。

で、最後にマーケット総合1面のまちかど 上記外国子会社配当非課税の改正が外人の日本株買いを促進させるかもしれないという指摘があるようです。 米国でも過去にこのような制度があったときに還流されたお金が研究開発費に使われたぶん効果があったからなのでしょう。

どれだけ効果がでるのか 数年先にはなんとなく見えてくるのですけど、これでこけたら日本の未来は確実にないからねぇ。

|

« FAS159というマジック | トップページ | 久々のお返事♪ »

コメント

なんか、政財界や報道関係の方達、最近おかしいです。日本がおかしくなってきている兆候でしょう。脳が芸能化しているのでは?とすら思います。詳しく知りませんが、草薙氏そんなに極悪非道なことをしたのでしょうか。社会に寛容さがなくなってきた感じがします。ギスギスしているという感じがします。裸で民家の庭で倒れていて、結局死んだ尾崎豊は伝説になりましたけどねぇ。草彅氏はそんなに極悪非道なことをしたのでしょうか。真っ昼間でもなく深夜でしょ。ミラーマンこと植草氏のしたことは極悪非道だと思うけど…。鳩山総務相については、かねてから「最低な総務相」と、私のblogでも書いておりますが、この方の「最低の人間」発言はかなり草彅氏の早期(人気)回復への浮揚効果があったのでは、と強く感じます。草彅氏、韓国と日本の若者の仲を取り持つ国際人でもあり、多才かつ優秀であること論を待たない。また、悪いこと:「公然わいせつ罪の現行犯逮捕」を反省すること、大人なのだから当たり前である。しかし、草薙氏は公人ではない。地デジ普及が芳しくない腹いせに、何の才能も明晰さも持ち合わせぬ最低の大臣から最低の人間呼ばわりされることは明らかに無かった。公人であった中川昭一前財務大臣は今年2月、イタリア ローマでのG7終了後の全世界ネットの記者会見で、裸にはならなかったが、泥酔状態で醜態を晒し、日本の国益を損ねた。その記者会見直後、バチカン美術館を約2時間観光し、触ることが禁止されている美術品に素手で触ったり、柵を越えて警報を鳴らしたり、像の台座に座るなどやりたい放題している。公人だから、裸にならず泥酔していただけだから、しょっ引かれなかったのだろう。中川昭一の方がはるかに「最低の人間」と今でも言える。また翌日、最低の総務大臣が、草薙氏を最低呼ばわりしたことに陳謝するときたものだから、呆れてものも言えない。もう少し日本経済の二番底、三番底に備える緊張感が、政財界や報道関係の方達に何で無いのだろうか、と感じてしまう今日この頃なので、近頃、新聞もニュースも見ない日が続く。芸能ネタがNHKニュースのトップに出てくるというのもやはり異常である。

投稿: fredy | 2009年4月26日 (日) 17時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« FAS159というマジック | トップページ | 久々のお返事♪ »