« 事業承継支援センター ~支援事例集~ | トップページ | ETFとインデックス型投信 アクティブ型投信 »

2009年5月16日 (土)

秘湯Explorer 恐山温泉

今日の東京はどんより 

 土曜の日経新聞PLUS1に温泉教授松田忠徳さんの温泉列島再発見という連載があります。これ大好きなんですよ。気に入った温泉の記事がある場合は、切り抜いてファイルしてます。平日の重要だと思った記事も切り抜いてファイルしているのですが、こちらの方はまず再読しない。他方、温泉列島に関しては、こまめに、なめるように読み返してますね。勉強になります。信託大好きおばちゃんも温泉教授は無理でも、温泉検定1級、温泉評価士なんて資格があれば、不屈の精神力でゲットするでしょうねえ。

 この松田先生のシリーズでは紹介されていませんが、信託大好きおばちゃんが出かけた温泉の中でどこがいいか、ここ1年内に出かけた温泉の中でチョイスすると、、

 それは、恐山温泉 青森県下北半島の山の中にあります。とにかくアクセスが大変です。信託大好きおばちゃんは、かの有名なイタコの口寄せで、ご先祖様の言葉をどうしても聴きたい衝動にかられて昨年でかけました。夜行バスに乗って、船に乗ってバスに乗って、宿に泊まって、朝4時にタクシーで恐山にでかけ、運良く5時間待ち(12時間待っても口寄せしてもらえない方もいらっしゃるんですよ。炎天下かつ日陰がないことから、口寄せの前にご自身が日射病で倒れて救急車で運ばれる方も毎年いらっしゃるそうです。)で、口寄せしていただきました。

 恐山 日本3代霊場のひとつです。雰囲気がすごい。でかいお寺の裏の山のいたるところから、硫黄が噴出しています。硫黄が噴出するごつごつした岩のまわりに地蔵さんがいっぱい立っていて、そのまわりにカラフルな風車がぐるぐる廻っています。地獄とはこんなものなんだなという気分を味わいながらふっと反対方向をみると、エメラルド色の水をたたえた宇曽利湖が広がっているのです。綺麗すぎてちょっと不気味。こちらは極楽か。

 たしか5月のゴールデンウィークくらいから10月の大祭までの期間しか近づけないです。イタコさんに会えるのは、7月のお祭りと10月のお祭りの期間だけ。イタコさんも高齢化で人数が減ってきているようです。最近、20台くらいの方がイタコさんになられたようで、昨年の大祭にもこられてましたが、非常に人気があって、行列が凄かったですよ。

 恐山温泉というのは、恐山唯一のお寺の境内の中にあります。お参りにこられた方やお寺の方が使われるものです。白くにごったとろりとしたお湯は熱くもなくぬるくもなく、イタコの口寄せのあと入ると重しが取れたような気分になりました。もちろん無料です。

 恐山というスーパー秘境の中の温泉です。誰でもいけるところではない。でも、どうしても行きたいという衝動にかられたら行かれた方が絶対にいい。それだけの価値はあります♪

 

|

« 事業承継支援センター ~支援事例集~ | トップページ | ETFとインデックス型投信 アクティブ型投信 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 事業承継支援センター ~支援事例集~ | トップページ | ETFとインデックス型投信 アクティブ型投信 »