« 格差社会 にっぽん | トップページ | 為替ヘッジコスト »

2009年5月23日 (土)

秘湯 Explorer 八丈島 みはらしの湯

 今回は、八丈島、みはらしの湯。日本全国、いい年して遊びまわってと思われるかもしれませんが、遊びを主たる目的として各地を駆け巡っているだけではありません。

 半分以上は仕事のついでです。

 今年、八丈島には、34日の立派なビジネスで出かけました。八丈島というと島流しの島というイメージしかなかったのですが、実際にでかけてみると、隠れ家のような素敵さが残っている島ですね。

 この島には、いくつかの共同温泉があります。地元の方に教えていただいて、レンタカーででかけたのが「みはらしの湯」です。

 泉質もさることながら、みはらしが凄い♪ 男湯と女湯があって、日替わりなのですが、入り口から入って右側にあるのれんをくぐっていく方のお湯にあたれば正解です。

 目の前に雄大な太平洋が広がり、切り立ってグアムの恋人岬のような半島が臨めます。しかも、ほとんど客がいない。つまり、この景色を独り占めができるのです。

 仕事の疲れも何もかも吹っ飛びます。八丈島にビジネスで行ける方というのは、稀かもしれません。飛行機で羽田から40分くらいで、一日に3便くらいでています。大金持ちの方(日本人ですよ)がプライベートジェットで、時々、飛んでこられるらしい。隠れ家的な魅力+魚をメインとしたお料理+地元の方々の温かさがなんともいいのでしょうねえ♪

|

« 格差社会 にっぽん | トップページ | 為替ヘッジコスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 格差社会 にっぽん | トップページ | 為替ヘッジコスト »