« 国交省モデル事業の不動産信託 | トップページ | 愛宕神社のほおづき縁日 »

2009年6月23日 (火)

Visit Japan from China

昨日、中国人旅行者と訪日を中心としたアジアの観光についてお話を伺いました。

 日本を訪れる外国人の方は、2008年の統計で合計約835万人 そのうちアジアの方は615万人で アジアのベスト5は

韓国 238万人

台湾 139万人

中国 100万人

香港  55万人

タイ  19万人

このうち上位4位までの合計が約532万人です。

2008年訪日外客数 出典 日本政府観光局)

このうち中国の方がここ数年で急激に増えているようです。中国の経済発展と外国旅行の規制がなくなったことが起因しているようです。

日本に訪れる観光客のメイン層は20台の女性のようです。これは日本と同じ。可処分所得が違いますから。

面白いのが日本ツアーの特徴で

北京―東京4日間で だいたい 6万円くらい 箱根と富士山5合目つき

一番安いのが 関西3日間(大阪&京都)で5万円ちょっと

6日間コース9万円くらいというのがあって、これは、大阪、京都、箱根、横浜、東京

中国からの方は京都で仏像をみてもあまり感動しない。自分たちの方が先輩ですからね。

やはり東京のダイナミズムがいい、それに温泉がついていると嬉しい。ディズニーランドもいいよ。

上記の料金は日本人的には安いようにみえますけど、中国の方にとっては割高のようです。同じくらいの期間、シンガポールやタイに行くのだったらもっと安いから。

また、お金持ちは、日本じゃなく、ヨーロッパやアメリカに行っちゃうようです。

それでも日本に行きたいなと思わせる魅力がないと、今後も中国からの旅行客は望めない。

訪日観光客を増やすためには中国からの観光客を増やすのが不可欠。

温泉 ディズニーランド +α このαを長期的には作る必要、あるいは既にあるものを掘り起こしてα化させる必要があるのではないかな♪

|

« 国交省モデル事業の不動産信託 | トップページ | 愛宕神社のほおづき縁日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 国交省モデル事業の不動産信託 | トップページ | 愛宕神社のほおづき縁日 »