« タイという国の民主主義 | トップページ | 受益者連続型信託の境界線がみえない »

2009年7月20日 (月)

円覚寺で落語を聴く

 昨日、北鎌倉の円覚寺にいってまいりました。ちょっとしたご縁で、三遊亭楽麻呂師匠が、チャリティーコンサートに出演されるので、でかけてみっかということになったからです。

 円覚寺 非常にでかい敷地のお寺です。壮大な緑であふれかえってましたね。三連休中は、鎌倉への道路は超渋滞のようでしたが、円覚寺自体は、そんなに混んでいませんでした。

 チャリティー・コンサートは、白雲庵という国宝の建物の中で行われました。落語というのは、そのときの出し物が事前に確定しません。噺家さんが、場の雰囲気を感じて出し物を決定するようです。相当、ネタのストックがないと難しいですね。

師匠のまわり半径20メートルくらいに何十人かがびっしりすわってお話をきく。ただ、笑いというのは、各人によって、つぼが違うところもあり、みんながに一斉にどっと笑うということばかりではない。笑う集団もあれば、あれっとしている人がいたりもする。それじゃだめで、全員を引き込むようなネタを出さないといけないようです。

 コンサートが終わったころは、日が翳りだし、小高い丘から見下ろした北鎌倉の風景はたおやかでした。帰りは、えーいとふんぱつして(笑)、湘南新宿ラインのグリーン車に乗り込みました。これ、PASMOでしかグリーン券が買えなくて、しかも、きっぷがでてこない。乗り込んで、座った席の天井に赤ランプがついているのですが、PASMOをかざすと青になり、それで完了というやつです。生まれて初めての経験でしたので、とまどいましたねぇ。

 

|

« タイという国の民主主義 | トップページ | 受益者連続型信託の境界線がみえない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« タイという国の民主主義 | トップページ | 受益者連続型信託の境界線がみえない »