« 政治家にとって政党って 選挙区って難だろう? | トップページ | 選挙が終わると胡蝶蘭が高騰♪ »

2009年9月 1日 (火)

空恐ろしい結果

 9月になってしまいました。 8月の終わりは選挙と台風で東京は、大変でしたが、今朝は曇りがちですが、まあ穏やかです。

 金曜日に小池百合子さんネタを書きましたが、小選挙区で負けて比例で復活されました。野田聖子ちゃんも同じパターン。小泉チルドレンの片山さつきさんや佐藤ゆかりさんはだめでしたね。

 キャリアウーマンとしての実績は、みなさん凄いのですが、政治家としての実績としては、小池さんや聖子さんが凄い。知名度も高い。でも、小選挙区で勝てない。

 今朝の日経で石原東京都知事が次のようにコメントしていらっしゃいます。

「日本人は風に弱いという感じがした。ちょっと空恐ろしい。小泉内閣の劇場型選挙でもあれよあれよという感じだったが、この振幅の激しさが怖い」

 私もこのコメントには同意します。日本人って、あんまり哲学というか信念というものをもっていないのではないか。風が右に吹けば、わーっと右に走り、左だというとわーっと左に走る。なぜ、そうしたのか。尋ねても、おそらく、そういう気分だったというのが意思決定の基盤ではないのかな。どっちの政党になっても、その結果、自分の人生が大きく変化する(めちゃめちゃ金持ちになる、奈落のそこに落ちる)ということはないと信じきっているから、気分で決めれるのでしょう。

 民主党の政策があんまりうまくいかなくなったら、次の選挙では自民党が勝ちになる可能性が高い。二大政党制の悪いところは、人気とりのために先をみずにばら撒きに走る。相手の政党の悪口合戦になる。衆愚政治となり没落したギリシアのように日本もなるのかなあ。

 ちょっと不安なので、この秋は、いろんな国の歴史を勉強してみたくなりました。

|

« 政治家にとって政党って 選挙区って難だろう? | トップページ | 選挙が終わると胡蝶蘭が高騰♪ »

コメント

こんにちわ。私も怖いです。でも、自民と民主以外に投票先がありませんでした。 二大政党がいい!と言う方が多くいましたが、和魂洋才じゃないけど、日本には日本独自の政治体制があるのに、制度をいいとこ取りして、形だけ持ってきてもうまくいかないのではと思ったり。

 野田さんや片山さんがポーズとしても土下座みたいな選挙戦をしていたのは忍びなかったです。

 

投稿: ダニエル | 2009年9月 1日 (火) 20時19分

>日本人って、あんまり哲学というか信念というものをもっていないのではないか。
>風が右に吹けば、わーっと右に走り、左だというとわーっと左に走る。

上記意見に私も賛成です。
哲学・信念なき政治は、国民を不幸にすると思いますが、哲学・信念なき政治を作るのは国民であり、その責任は私達一人ひとりにあると思います。
政治家も、YesかNoか、白か黒かという選挙手法ではなく、もっと国民を信頼し、国民に考えることを促すようにして欲しい、またマスコミもそれぞれの独自色を出しつつ、客観的、建設的、論理的に報道をしてもらいたいと思います。

今回の選挙は、様々な党が、景気対策、少子化対策、構造改革等いろいろな目標を掲げていましたが、10年後、20年後の日本のビジョン、発展についてあまり言及されていなかったのが残念でした。


投稿: タケ | 2009年9月 1日 (火) 15時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 政治家にとって政党って 選挙区って難だろう? | トップページ | 選挙が終わると胡蝶蘭が高騰♪ »