« 株式流動化信託システム | トップページ | アグリシードファンドと自己信託 »

2010年4月 2日 (金)

会社でよく使う 電話のひと言英会話

またまた、信託大好きおばちゃんの英語の先生である大島さくら子先生が本を出版されました。

 今回のテーマは電話です。わたし、外国人と電話でお話しするの苦手です。

 電話って 相手がみえないから、何を言いたいのかよくわからないでしょ。TOEICの試験問題のようにクリアーな英語で適度なスピードで話をしてくれたら何をいいたいかわかるけど、なまっているし、早口だしね。

 この著書は電話応対の基本表現、ビジネスを進める表現、会話がふくらむ表現の章にわかれ、それぞれ、定型表現と、バリエーション等をわかりやすく説明しています。

 そんなに難しいフレーズはありません。でも、短いフレーズをしっかり頭にインプットしとかないと、ぱっと口をついてでてこない。

 これは、役に立つなと思ったことは、これは、使っちゃいけないという表現も紹介していること。

 たとえば、相手の名前を確認する場合、 Who are you? とか What’s your name? と言ってはいけない。あんた誰? あんたの名前何?ときいているようなものだから。

 英語であいづちを打つときに Yes Yes というと、トラブルのもとになることもある.

日本語のはいはいと Yesは意味が違うから。

 学校英語だけが残っている頭だと、無意識に口が動いてしまうけど、口からこのような表現がでたら、空気が凍る。そのようなポイントを、時間のあるときにしっかりと頭に入れておくと役にたつときがあるかもしれません。

 ということで、 信託大好きおばちゃんは、次の授業が始まるまでは、この著書と、今回は紹介しませんでしたが、ロングセラーといわれている総合英語Forestを読んでおこうと思っております♪

|

« 株式流動化信託システム | トップページ | アグリシードファンドと自己信託 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 株式流動化信託システム | トップページ | アグリシードファンドと自己信託 »