« 本当に遺産課税になるのかなあ | トップページ | 韓国のパススルー課税導入 »

2010年4月 8日 (木)

免疫力を高めて病気を防ぎ治す知恵とコツ

 某先生からこの本を昨日いただいたのですが、夜明け前に一気読みしました。

カラーでとてもわかりやすい本です。

 がん、その他の大病から体を守るためには、バランスのいい食事を心がけましょう。どのような食品を食べると病気を防ぐ、つまり免疫力を高めるかということが書かれています。

 筆者は、お医者さん系の方々であり、文章には専門用語もいっぱいあるのですが、非常にわかりやすい。

 免疫力を高めるものの代表格として、きのこ類をあげていらっしゃいます。

きのこ、しめじ、えのきだけ、まいたけ、、

 信託大好きおばちゃんは、きのこ類が大好きな人です。最近 タイ料理で定番のグリーンカレーを週に1~2回食べているのですが、この中には、しめじをがばっと、それから、ナスをばさっといれてます。おいしいですよ。

 しめじの項目を引用すると「しめじは細胞のガン化、ガンの増殖も抑えます。 シメジを食べると発ガン率は1/7になります。 市販のシメジを1日あたり1人1/4パック食べれば、ガン予防につながる可能性は多いにあります。」

 なるほど、そうだったのか! 

 食事療法に即効性はないのですが、毎日、死ぬまで続く行為ですので、この行為を工夫することにより健康で長生きできるなら、それがベストな治療方法。

 若いころは、何を食べても大きな問題がなかったのですが、脂肪肝だといわれたり、胆嚢にコルステロールポリープがあると指摘されたり、どうも消化器系に注意しとけという神のおつげがあるような気もしますので、この本を参考に、日々精進してまいりたいと思います♪

|

« 本当に遺産課税になるのかなあ | トップページ | 韓国のパススルー課税導入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本当に遺産課税になるのかなあ | トップページ | 韓国のパススルー課税導入 »