« 中国人専用ホテル | トップページ | 銀れいカード »

2010年5月28日 (金)

淀君になっちゃあいけない

最近、また、井沢元彦さんの逆説の日本史を読み続けています。今まで、信じられていた歴史が、実は、違うのではないか、なぜならばという形で展開していって非常に面白いし、人生で困ったときに役にたつのではないかなと思って、割と真剣に読んでいます。

 最近、印象に残ったのは、なぜ豊臣家が滅亡したかということであり、井沢さんは、淀君が悪いとおっしゃっています。

 戦国時代の常識は、「強い者が勝ち、勝った者が正しい」これにつきます。織田信長だって、豊臣秀吉だってそうだったでしょ。でも、淀君には、昔、自分の家臣であった家康の下になるなんて死んでも許せなかった。そのプライドが、豊臣家を滅亡にいたらしめたのだと。もし、淀君が、前田利家の奥さんまつのように、豊臣家を守るために自ら人質として江戸城に下るということができたら豊臣家は細々とでも生き延びれたかもしれない。そして、その方が、豊臣家にとってもよい選択ではなかったのか。

 これは、昔の女性を例にとっていますが、現代で主人公をある会社の経営者にも当てはめることができるのではないか。会社には、たくさんの従業員がいるし、その家族もいる。自分のつまらぬプライドに執着して、会社を潰してしまい、倒産した日に自殺をするような経営者って立派でしょうか。

 もし、このあたりをドラマ化して、信託大好きおばちゃんが好きな役を演じていいといわれたら、北政所でしょうね。彼女は、豊臣家には天下を治める力量がないことから徳川家康についた。その結果、徳川の天下となり、燃え落ちる大阪城を京都の庵から眺めていた。彼女は、豊臣秀吉の奥さんにもかかわらず、豊臣家の滅亡に加担したのですから、本来なら大悪党なんですけど、誰もそういわない。才能豊かで頭が切れるわけでもない。でも、物事の本質が見え、足るを知っていたのでしょう。どんなに貧しくとも、金持ちになろうとも、自分の価値観は変えずに生きのびたいねえ♪

|

« 中国人専用ホテル | トップページ | 銀れいカード »

コメント

こんにちは。
「逆説の日本史」のファンの一人であります。
清須会議の時点で、織田家には凡庸な息子しか残っておらず、また信長の孫は幼児であった。家康が豊臣の天下を簒奪しただけではなく、その少し前に秀吉自身も織田の天下を簒奪したわけで、秀吉ににとっては自業自得。茶々とおねの違いは、その点を理解していたかどうかの違いとも言えませんか。
お邪魔しました。

投稿: kimura88 | 2010年5月28日 (金) 11時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中国人専用ホテル | トップページ | 銀れいカード »