« 韓国のパススルー課税 2 | トップページ | 韓国のパススルー課税 3 »

2010年5月12日 (水)

農業 都心で学ぶ

今朝の日経の東京・首都圏経済に「農業 都心で学ぶ」という記事があります。

記事を引用すると「都心で農業について学ぶ市民向け講座開設が相次いでいる」そうです。

 以前、このブログでアグリシードファンドは自己信託をベースに組成されているというような記事を書いたのですが、それが縁となって、ちょっと農業に興味を持っています。

 この記事で紹介している講座のHPなどを紹介すると

 ヒルズガーデニングクラブ 農業ルーキーズクラス

http://www.mori.co.jp/garden/event/2010_farming.html

 自宅で野菜を作るための方法を教えてもらうみたいね。農家の1日体験もあるみたい。

4回で 6月から8月にかけて土曜日にあります。 受講料は18,000

 これは、時間的にも価格的にも手ごろか?

スクーリング・パッドの農業ビジネスデザイン学部

http://www.schooling-pad.jp/gagri/

農業関係の人たちを呼んできてお話を聞き、質疑応答をする 課外授業もあるみたい。

12回で 5月19日から10月まで12回 水曜日の夜 受講料は189,000

 これは時間的にも価格的にもちょっと無理

丸の内朝大学 農業クラス

http://www.asa-univ.jp/09vol1/farm.html

 これも農業関係の人たちのお話を伺う

421日スタートで 8回 7:30から8:30 受講料は38,000

 ただし、これから参加するのは不可。

 記事によると酪農講座を夏に催すかもしれない。

 可能性から検討すると農業ルーキーズクラスしか残らないのだけど、土曜日の午後を4回使う価値があるだろうか。 ちょっと判断がつかないなあ。

|

« 韓国のパススルー課税 2 | トップページ | 韓国のパススルー課税 3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 韓国のパススルー課税 2 | トップページ | 韓国のパススルー課税 3 »