« 100%子会社から親会社への資産の無償移転 | トップページ | 日韓の相続税 »

2010年5月 4日 (火)

1Q84

村上春樹のベストセラー「1Q84」Book1からBook3まで一気読みしました。

なぜ、この本がベストセラーなのか、海外でも評価されるのか、言葉で上手に説明することはできませんが、読者を村上ファンタジーワールドに引きずりこむ魅力というかオーラのようなものは確かにありますね。

登場人物たちが、地上から数センチ上の世界で透明な呼吸をしているんですね。

Hの場面がこの物語の中には、それなりにあるのですが、エロというかいやらしさを感じさせないのですね。そのものずばりのことを書いているのですが、ピュアなんですよ。

さて、Book3まできましたが、続編はあるのでしょうか? おそらくあるでしょう。

タイガーの看板で、虎が今までと違う方向に向いているということは、別の世界に入り込んでしまったということの暗示のように思われるので、その別の世界での物語りがあるはずです。

 青豆と天吾の恋の行方は? 青豆は子どもを生むのか? 牛河のその後は?

個人的には、凄腕タマルがBook4でも渋く活躍して欲しいのですけどねえ。

|

« 100%子会社から親会社への資産の無償移転 | トップページ | 日韓の相続税 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 100%子会社から親会社への資産の無償移転 | トップページ | 日韓の相続税 »