« 株式の評価損と清算損 | トップページ | ねんきん定期便 »

2010年8月23日 (月)

朝からつけめん

金曜日の日経で、「(消費の現場)つけめん、出勤前にがっつり」という記事があり、早速、金曜日にJR東京駅構内の八重洲口側にある人気つけめん店「六厘舎(ろくりんしゃ)」に出かけました。

 八重洲口のB1Fにあるのですが、大手町から歩いていったので、結構、遠かったです。到着が815分くらい。既に行列が。記事にもあるようにサラリーマンが多いですね。私は、20分ほど並んで席につきました。820日はまだまだ夏休みだったから20分待ちで座れたのかもしれません。

 朝の場合は、つけめん580円 か、定食(つけめん+ごはん+納豆+生卵)720

みたところ、お客さんは8:2の割合でつけめん単品を食ってましたね。

 記事によると、朝のつけめんは、通常よりも つけ汁は薄味、麺も細めだそうですが、実際に食った感想としては、ぷりぷりとしっかりした麺であり、薄味といっても濃い味で、腹いっぱいになります。次に訪れるときも、定食は注文しないだろうね。昼ごはんスルーしちゃうくらいの腹持ちがしましたし。

 東京駅八重洲口B1にはラーメンストリートといって、数店ラーメン店が並んでいるのですが、朝からラーメンは、六厘舎さんだけかな。商売うまいと思う。日経にも掲載されたし。

注意点は、行列ができるので、仕事前に食うときは、行列の時間を考慮する必要があるということ。

|

« 株式の評価損と清算損 | トップページ | ねんきん定期便 »