« 小規模宅地の特例の変遷 | トップページ | 若宮啓文さんの「和解とナショナリズム」 »

2010年9月10日 (金)

少女時代

なんか、最近、少女時代のポスターが目に入ります。

綺麗な足のお姉ちゃんがずらーっとならんでいるやつです。

少女時代は、韓国のグループ。 

AKB48は日本の男の子のニーズを満たしているような女の子をアラカルトで集め、総選挙のようなイベントを作って競わせ、磨かせている。日本の男の子は、昔から綺麗な女の人よりかわいい女の子が好きだから、かわいい系の女の子が多いような感じがします。

他方、少女時代は、どうも日本の男の子というよりも日本の女の子のニーズを満たしているような女の子を集めてきているようです。日本の女の子は、男の子を上目遣いみ見つめるかわいい系の女の子よりも、私はこうよって感じですっとたっているような女の子に憧れを持っている人が多いと思うのです。たとえ、自分自身がかわいい系を演じていても。

 AKBのような女の子の一生懸命さが、男の子には魅力的なのでしょうけど、女の子からしたら、むかつく、いらつく、じれったいの対象となる場合もある。AKBの露出が大きくなればなるほど、そのような感情が膨らみ、そこへ、颯爽とした女の子たちが現れたら、わっと飛びつく人たちが現れるかもしれないね。

 ポスターをいっぱい見ているので、プロモーションに物凄いお金をかけていると思うけど、それ以上に少女時代の売り込みを今後どう展開するのか興味があります。AKBは、総選挙なんて画期的な手法で鮮度をキープする戦略をとっていますが、少女時代はどうなるか。日本人でも、かっこいいおねえちゃんは芸能界にも他にもいっぱいいると思うけど、それらをユニットにして、女の子をファンの対象として売り出すという手法をどうして考えなかったのだろう。

|

« 小規模宅地の特例の変遷 | トップページ | 若宮啓文さんの「和解とナショナリズム」 »