« うなぎパイ本舗の追徴 | トップページ | ブックフィールドキャピタル »

2010年10月29日 (金)

家族間の裁量信託

 久々に信託ねた。

 信託というと信託銀行がやっているものというイメージが強いのですが、実は、誰でも受託者になって信託をすることができます。 だって、基本は、財産を預かって、決められた方法でその財産を分配する行為ですから。

 で、一つの事例を

 あるお金持ちがいました。その人には子どもが2人(A,B)いるのですが、Aは、重い病気で財産管理をすることが難しい。Bは、浪費という重い病気がある。お金持ちのお父さんは、自分が死んだ後の彼らの生活のことが心配でしかたない。生活できるだけのお金を渡したいが、使い込まれても困る。

 そこで、信用のおける親戚に財産を信託し、その財産を彼らの生活の面倒を見て欲しいというようなことを考えました。いくら分配するのかは、決めず、必要性に応じて。

 これって、家族間の行為としてはおかしくないですよね。いくら払うと決めてしまったら、ほんとうに必要なお金を必要なときに使うことができないから。

 だから、このような信託ってニーズはあると思います。実例があるかもしれない。。。

 でも、いくらあげるか分配率が確定していないような信託って、税金のことを考えると頭がいたい。 たとえば、遺言でこのような信託を設定した場合、遺言の効力が生じたとき、つまりお金持ちのお父さんがなくなったとき、A,Bが財産を遺贈でもらったものと税制上は取り扱われるけど、いくらもらうということで評価するのがいいのか。

 1:1でもらったものとして、取り扱ったけど、結果的に 5:1になることだってある。このような場合、予想よりたくさんもらった方が、少なかった方から贈与によりもらったとして取り扱うのが、税制上の筋かもしれないけど、そんなこといわれたら、家族の金のやりとりなんて何もできなくなってしまうしね。

|

« うなぎパイ本舗の追徴 | トップページ | ブックフィールドキャピタル »