« 外資の優遇策 | トップページ | 贈与税の改正の予想 »

2010年10月22日 (金)

相続税の税制改正の予想

税制調査会 9 専門家委員会(平成221021)の資料(資産課税)をプリントアウトして、さらっと読んだのですが、来年の相続税の改正したい方向というのが読めますね。

ポイントだけあげとくと

基礎控除 5,000万円+1,000万円×法定相続人の数 これは、バブル時期の地価の暴騰により引き上げたものだけど、地価が下落しているのに、据え置かれている。

―――――― 基礎控除を下げよう

税率構造 最高税率がいま50%で、累進税率のカーブがゆるい。昔は、最高税率が75%のときもあった ――――― 最高税率の引き上げはするぞ

生命保険や死亡退職金の非課税枠 500万円×法定相続人の数

なんで、こいつらだけ税制上優遇されるねん♪ ―――――― 非課税措置をやめる 生保業界が物凄い反対運動を展開するだろうけどね。

|

« 外資の優遇策 | トップページ | 贈与税の改正の予想 »