« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月28日 (火)

悪名の棺 笹川良一伝

ひょんなことから、工藤美代子さんの「悪名の棺 笹川良一伝」を読み始めました。

 既に鬼籍に入られた方ですが、人類は皆兄弟 お父さん、お母さんを大切にしようというコマーシャルが記憶に残るおじいさんです。

 彼は、日本船舶振興会、つまり、モーターボートレースの胴元のトップにして、右翼の大物にして、あまり知らなかったのですが、福祉に儲けをつぎ込まれた方のようです。

 昔、笹川ファミリーの方のお屋敷の近くを歩いたことがあるのですが、手入れの行き届いた植木が凄かった印象があります。

 この本は、彼の伝記のようなもの。若干、善人として神格化しているようなところがありますが、

 悪いやつは、いつかは塀の上から転び落ち、ろくな死に方をしないといわれますが、彼は長寿(96歳)を全うし、それなりに財産も残し、子どもも残し、事業も残した。

 なぜ、彼は、転ばなかったのか? ここに興味があります。金儲けにまい進しながら、自身の生活は予想以上に質素(ただし、愛人等には豪邸・宝石プレゼントなどしてますな)であることと、悪口をいう人たちを無視し、裏切り者は、静かに切った。。。。。。

 自分の立ち位置が、生涯、ぶれなかった。これだと思います。

人は、金や不確かな利権に狂う生き物。この狂いを心の闇に持つために、優秀で誠実だったはずの人材が、どんだけ、人生を狂わせ堕ちていったことか。淡々と、自分の立ち位置を理解し、常識の範囲内で判断しながら、生きていたら、当たり前の人生がそのまま続いていたはずなのに。

肝に銘じ、これからも、自分のココロの中の立ち位置をチェックしながら、人生を全うしようと思います。

|

2010年12月27日 (月)

上から目線では、ヒットは飛ばせない

 日経ビジネスの2010.12.20.27号の特集で、秋元康さんの「根拠のない自信ゆえ」が記載されています。

 秋元康さん AKB48の仕掛け人 おにゃん子クラブも彼だった。

 ヒットの肝は、上から目線じゃないこと こういうモノが面白いはず という上から目線ではダメ 大衆の共感をそいでしまう。

自分が心底面白と感じる というものが、結果的には成功している。

 人の才能には、そんなに差がないし、運も平等に降ってくる。大切なのは、運が巡りくるまでギブアップしないか。 AKB48だって、ヒットするまで時間がかかったし。

 あと、ヒットするというのは、運がよかったから、だから、何が何でもヒットを維持しようなんて思わない。 ヒットするって天候がたまたまよかったようなもの。

 だから、きっと AKB48の次も創るんでしょうね。

|

2010年12月23日 (木)

芦野温泉

クリスマスには、全く、マッチしませんが、温泉の話を。

 私は、温泉大好きおばちゃんであり、旅行や出張で遠方に出かけると、いい温泉がないか、調査してます。

 私のホーム温泉は、いまのところ草津温泉です。といっても、年に数回、それも冬場に出かけるだけです。

 今年も草津温泉のシーズンかなっと思っていたところ、縁があって、芦野温泉に先日でかけました。

 芦野温泉は、栃木県那須郡那須町にあります。山の中の一軒家みたいな温泉であり、ホテルもありますが、通常は、観光バスで、おっちゃん、じいちゃん、ばあちゃん、おばちゃん連中が日帰りでぶわーっと押しかけます。

 お風呂の特徴は、PH位も9.85と強いアルカリ性のお風呂と、薬草風呂があるところです。 アルカリの方は、お肌がつるつるになり、 薬草風呂のほうは、ぬるいのですが、しばらく入ると、ぴりぴり痛くなります。普段は、痛みを感じていない部分も、ぴりぴり傷みます。でも、お風呂からでると、すーーっと痛みがなくなる。

 お風呂のほかに、畳敷きの休憩所があって、湯上りのじいちゃん、ばあちゃん、おっちゃん、おばっちゃん連が、ごろんごろんしています。

 とても感じがいいのは、従業員教育がいいからかなあと。ホスピタリティがあって、きびきびして、

 薬草風呂で、おばちゃんたちが、来年、相続税が増税するらしいから、働くことが馬鹿みたいなんて話をしていて、結構、世の中のこと勉強しているんだなあと感心していたら、話の内容がいつのまにか、石川さゆりの歌謡ショーに変わっていて、そのチケットの代金が、高いだ低いだということに、、、、  なんで、最近、ヒット曲のない演歌歌手が、紅白に出場できるのかというと、こういうビジネスが、えんえんとできるからなのですね。

 草津温泉は、外湯がいっぱいあって、湯めぐりのために、結構、アップダウンのきつい道を歩くのですが、芦野温泉は、一軒家の中ですから、そんなに歩く必要はない。

 温泉の入り口に、神社があって、おばちゃんたちが、また来れますようにとお祈りしていました。こういうおばちゃんたちの支持がある限り、この温泉は、これからも、存在し続ける。日本の、それも、地方で、栄えるビジネスモデルのノウハウが凝縮しているところ、この経営者は頭いいのでしょうね。

|

2010年12月20日 (月)

貸倒引当金がなくなる

税制改正大綱から

貸倒引当金制度について、適用法人を銀行、保険会社その他これらに類する法人及び中小法人等に限定します。なお、これらの法人以外の法人の平成23年度から平成25年度までの間に開始する各事業年度については、現行法による損金算入限度額に対して、平成23年度は4分の3、平成24年度は4分の2、平成25年度は4分の1の引当てを認める等の経過措置を講じます。

これは、大きい!

中小企業と金融機関以外は、貸倒引当金を税務上、認めてもらえなくなるわけです。

個別評価の貸倒引当金がアウトになるのは、大企業でも厳しいと思う。

たとえば、いまだったら 形式的に会社更生法や民事再生法の申し立て、破産の申し立て、手形交換所の取引停止処分が生じたら売掛金の50%は貸倒引当金として損金処理を認めてくれるけど、これがだめになる。

貸倒損失として、ほんとうに×になるまで、損金計上ができない。

大口の取引先が倒産して、お金が入らなくて資金繰りが苦しいのに、税金だけ発生して、税金倒産する可能性もありますよね。

どうして、こんな改正、スルーしたんだろう♪

|

いわゆる「日本版プランド・ギビング信託」

以前、こちらのブログで日本版プランド・ギビング信託について、そのときの情報に基づいて好き勝手に書きましたが、税制改正大綱がでてきて、その中に盛り込まれていました。

 この信託は、一生使い切れないくらいのお金を持っていて、使い切れないお金は、孫子に渡すより、世の為に使って欲しいと思っている人が対象だと思います。

 しくみとして、現金を個人の委託者が信託して、その人が生きている間は、その人を受益者とするけど、その人がもらえるお金は信託したお金の3割くらいで、これを、定額で支払いましょう。残りは、公益法人に寄付しましょう。生きている間にも、一定の金額の範囲で寄付できますよ。亡くなったら、全部、寄付してもらいますよというもの。

 信託財産は、国債やら預貯金やらで運用するけど、メリットとして、利子にかかる税金(20%)が非課税になります!寄付した部分は、寄付金控除か税額控除が使えますよ!

 公益信託というのが、従来からあるけど、あれとは、ちょっと仕組みが違います。あっちは、信託した時点で、自分の手許から財産が離れるようなものだけど、こっちは、信託した時点では、お金が、自分手許から信託銀行に移ったようなもの。でも、自分がもらえるのは、上限3割で、残りはいつか公益法人にいってしまうようなもの。

 それなりにお金持ちはいるし、世の為に貢献したいと思っている人もいると思うから、遺産に期待を寄せている家族等がいないお金持ちの人だったら問題はないと思うけどねえ。

 

|

2010年12月17日 (金)

更正の請求の期限の延長

 昨日、税制改正大綱が発表されました。昨年、迷走していたから、今年は、越年かと思っていたのですが、早かったですね。

 項目は多いのですが、更正の請求の期限の延長について

更正の請求というのは、申告書に書いた税額が、実際の税額よりも高かったような場合、差額を還付してと、納税者が御願いする制度で、これは申告期限から1年だったんです。

これを、超えると、原則的には、還付してもらえない。ただ、裏技があって、嘆願書というインフォーマルな方法をとれば、還付も可能であったんだけね。

他方、お上のほうは3年間、納税者の申告を更正(修正)することができた。情報の非対称性じゃなくて、権利の非対称性があった。

これは、おかしいということで、

納税者が「更正の請求」を行うことができる期間(現行1年)を

5年に延長します。

でも、

併せて、課税庁が増額更正できる期間(現行3年のもの)を5年

に延長します。

 イーブンにしましょう。

法人税の純損失等の金額に係る更正の請求期間(現行1年)については9年

9年分、納税者から修正ができるわけか。

控除等の金額が当初申告の際に記載された金額に限定される「控

除額の制限」がある措置(別紙2参照)について、更正の請求によ

り、適正に計算された正当額まで当初申告時の控除額を増額させる

ことができることとします。

これは、たとえば、外国税額控除で当初、 100万円の控除で申告していたけど、ほんとうは、120万円でしたという場合、120万円の控除に修正することができるというやつ。

以前は、条文を杓子定規に読んで、だめとされていたようです。

そして、それじゃおかしいと納税者が訴えて、お上が負けたという事例が数年前にあったような記憶があります。

この辺の改正は、新聞には出てこないけど、結構、実務的には大きい。

これよりいいなと思ったのが、

|

2010年12月16日 (木)

松山容子のボンカレー

大塚ホールディングスが上場したという日経の記事をつらつらと読むと

大塚グループの持ち味は他社のまねをしない独創的な製品開発と、人気を持続させるマーケティング力にある。「オロナミンC」は1965年、世界初の即席カレー「ボンカレー」は68年の発売だが今も知名度は高い。

 薬品がどーだこーだという記事をいくら読んでも頭にはいりませんが、ボンカレーという名前を聞くと、頭が動き出します。

 ボンカレー というと、 松山容子! 

 あの着物をきたおばさんの顔が浮かびます。 ある程度以上の年齢の人は、同様の反応を示されると思います。子どものころの刷り込み効果。 何十年も口にしていないのですが、ぱっと松山容子!

下記が、現在の商品のラインアップだそうです。

http://www.boncurry.jp/lineup/

松山容子の顔の箱に入っているのは、沖縄限定らしい。 なんで、沖縄だけなんだろう?

ウィキペディアによると、

CMキャラクターには阿部寛と由紀さおりを起用。これに伴い初代ボンカレー(松山容子パッケージ)の全国発売は中止されたが、沖縄のみで発売する「地域版」として継続された。

なんで、阿部寛と由紀さおりなん インパクトがない! 

もっと、全国で売ってもいいと思うのに。 だって、松山容子のボンカレーを食べて育った人たちが、おそらく、あと、40年や50年は生きてますし、年を取ると、童心に回帰するところがあるから、松山容子の看板をシニア層が多く住んでいそうなところにおいておくと、わーっと群がってきて、そこそこの商いができると思うんだけど、どうだろう?

|

2010年12月15日 (水)

介護費用引当金

 最近、高齢化が進み、普通に、8090歳ぐらいまで生きられるのですが、さすがに、80歳を超えると、心身ともに、ほころびがでてきます。

 いまの、高齢者の方は、医療費も介護費も恵まれていて、そんなに多くの負担はかからない。といっても、安上がりで最後までいけるとは、限らないこともあります。

 家族がいるからといって、24時間介護に専念してもらえるとは限らない。働いていて、24時間介護が難しい場合は、外部に頼むことになるけれども、介護費用の保険の範囲には限度があって、それを超えると、満額請求がくる。ですから、在宅でも、月額介護費用が50万円、100万円となることもあり、この費用に耐えられる人というのは限られています。

 在宅介護よりも、老人ホーム等に入居された方が安くつくということもあるようです。

 といっても、以前いただいた資料によると、85歳で介護型ホームに入居され90歳でお亡くなりになった場合の入居費用等の合計が2,680万円いる。

年金収入が年間200万円あるとして5年間で収入が1,000万円。というと実質1,700万円の資金が必要。

 この資金+α分(90歳で、確実にお亡くなりになるわけではないですし、葬儀費用もかかります)というのを、ご本人、ご本人の配偶者、または、子どもなどが用意しないといけない。

 自宅があるから売却して賄うということができる方というのは、そんなに多くない。

つまり、これからの時代は、80歳を超える家族がいる場合は、本人も含めて、介護費用引当金というのを常に頭にいれておいて、お金をプールしておくことが求められる。使わなければ、ラッキーですが、いざ、というとおきにお金がなかったらほんとうに困る。姥捨て山に捨てるわけにいきませんからね。

|

2010年12月14日 (火)

給与所得 退職所得の改正予想

昨日の税制改正の主要事項取りまとめから

給与所得控除 給与収入から引ける金額 給与収入1,500万円以上は上限を設け、

給与収入4,000万円を超える法人役員は控除額の2分の1を上限、2,000万円から4,000万円までの間も調整する。

給与所得控除は、みなし必要経費みたいなもので、これがあるから、儲かった個人事業者は法人成りしているようなところもある。じゃ、制限をかけたら、法人成りは減るか?そんなことは、ないと思うけどね。

勤続年数5年以下の法人役員の退職金については、2分の1課税を見直す。

現行は、勤続年数20年以下の場合は、40万円×勤続年数 ただし80万円に満たない場合は80万円の控除があって、退職金から控除を差し引いた残額の2分の1に課税される。

2年間働いて、年収 1,000万円ずつもらうより、極端な話 年収0で 2年後に退職金2,000万円もらう方が税金安いからね。

こうやって、細かく積み上げて、法人税率5%減の財源に充てるみたい。まあ、金持ちの税金を上げることに対しては、国民は文句言わない。でも、金持ちは、馬鹿じゃないんだけどね。

|

2010年12月13日 (月)

不動産のキャップレートの決め方

ちょっと、不動産の収益還元やDCFの評価方法を調べたくていい本がないかと専門家の方にたずねしたところ、宮田勝弘さんの「収益用不動産と投資利回りの見方 不動産キャップレートの決め方」を紹介していただき、ときどき、ふむふむと納得しながら読んでいます。

キャップレート 不動産の投資利回り、これくらいの儲けをもらわないとお金だしませんわという指標のようなものかもしれません。

不動産の投資利回りというのは、金融商品のように、これだったらいくらというものがありません。個別性がありすぎる。経済状況も影響するし、立地もあるし、中に入っているテナントが誰かによっても大きくことなるようです。だから、平均的な指標を探し出してきて、ぽんと当てはめてもむなしい。

一般的には、住宅<オフィス<物販店<飲食店というふうにキャップレートは高くなります。キャップレートが高くなるということは、いいことではなく、リスクが高まるということ。

 面白いのが実例編 キャップレートがいくらかというより、その建物の運営がどういうものかを教えてくれます。

 たとえば、ちょっと変り種だけ書きますが

 カプセルホテル 多額の初期投資が必要 清潔さが命 維持、修繕費が多くかかる

 ソープラン街にあるワンルームマンション ほとんど、お水系の人が居住しているので、意外と居住者間のトラブルも少なく、入居率も安定するらしい

 葬儀店ビル 建物の汎用性はない。でも、新たに葬儀ビルを建設しようとすると近隣の反対があるから既存のビルは希少性がある。だから価値は高い。

 プロの評価の視点を知っておくと、それが、別の仕事で判断をするときに役に立つかもしれません。

|

2010年12月 9日 (木)

灰皿にテキーラ♪

 今年の忘年会キーフレーズ大賞!  どこへ行っても 誰と飲んでも、こればっかし。

|

仙谷さんいじめ

なんとなく、最近の報道を眺めていると、仙谷さんバッシングをしたいという人たちの活発な活動が目にとまります。

 以前は、小沢さんをバッシングしていた人たちも含まれているし、いま、一兵卒らしい小沢さんの周りの人たちもいると思う。

 長期間の権力の継続は、腐敗を作り出すけど、この国のバッシングは、権力掌握時点からバッシングまでの期間が短すぎる。

 難問山積で、解決しなければいけない事項がてんこ盛り。早期解決のためには、決断が必要であり、そのためには、責任をもって決断できる人、動かせる人が必要。

 そんな人が動けないような状況を作り、結局、おかしくなっても、バッシングをした人たちは、自分たちの責任とは絶対にいわない。動けないやつが悪いとくる。

 衆愚政治の末路がどうなったか。 歴史に、教訓がちりばめられているんだけど、

 このまま、緩やかに堕ちていくのかなあ。

|

2010年12月 8日 (水)

海老蔵の記者会見

 セレブは、事実を、かく語る♪

                  以上

|

2010年12月 7日 (火)

通貨デリバティブ

5日の読売オンラインの記事より

金融庁が、メガバンクなどの主要行を対象に、「通貨デリバティブ」と呼ばれる金融商品の販売方法や取引先の損失状況などについて実態調査に乗り出すことが4日、明らかになった。

急速な円高で、通貨デリバティブを購入した中小企業が多額の損失を被り、経営難に陥っている事例が出ているためだ。調査結果を分析し、銀行に適切な販売を促す考えだ。

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20101204-OYT1T00986.htm

 これって、ちょうどリーマンショックの前あたりまでに中小企業に売り込んでいたデリバティブ商品が、予想を上回る円高で、大損をだしたということかな。

 以前から、この辺の問題は、話題になっていて、私も、ゼロコストオプション(オプションの買いと売りをセットにしたやつ。オプション代金は払わなくていいけど、相場が予想と逆にふれると大損する可能性がある商品が多い)の原稿を、税務弘報さんの連載に書いたし、今回の円高で、デリバティブ倒産する会社がでてくるだろうなと思ったら、予想がきっちりあたり、金融庁さんが乗り出されるようです。

 でも、今頃になった、騒いでも、、、一端、結ばれた契約を解約すると、莫大な解約金がでるし、きっと、潜在的に困っている会社さんが多いと思う。

 デリバティブ禁止令なんて、つくるわけにもいかない。中小企業のデリバティブの税務を全面的に変えて、全部、時価評価にする! 時価評価していない会社は税務調査で、徹底的に絞り上げる! そうすると、良くも悪くも、デリバティブの価値というのを会社が実感するから、危ないと思う会社は手を出さないし、事業はギャンブルと思う会社は、リスクを覚悟して手を出す。今、問題なのは、リスクをよくわからずに、条件のよくない契約を結んでしまったこと。金融機関との力関係で弱い立場にある人たちを守る為には、税の強い力を利用するというのも、一つの考えかもしれない。

いったん、このような仕組みにして、中小企業が安心して使えるデリバティブに関しては、中小企業バージョンの特例を作る。IFRSで、ヘッジ会計がまた変わるかもしれないけど、世界の潮流を無視して、安全、簡単、メンテも楽チンな制度を作ればいいのにね。

|

2010年12月 5日 (日)

エルメスの手帳

昨日、一年に一度の恒例行事、銀座のエルメスのお店にお買い物に出かけました。といっても、バッグを買いにいったわけではございません。手帳の2011年度のリフィルを買うためです。

 

 エルメスの手帳は、いまを去ること10年近く前に、オーストリアの空港のエルメスの免税店で、清水の舞台から飛び込むような気持ちで買ったものです。グローブ・トロッターというサイズのもので、A5とバイブルサイズの中間ぐらいの特殊サイズです。

 エルメスの手帳でよく売られているものは、本のカバーのような形のものですが、これは、ファスナーがついていて、中にカードいれやら、札入れにも使えそうなファスナー付のポケットなどもあります。

 当時の値段は、10万円弱、ネットで同じタイプのものを探していたら20万円近かったです。

 以前、空港の手荷物検査場で置き忘れ、放送で呼ばれたはずかしい記憶があります。中にお守りがあるおかげでしょうか。置き忘れても、今のところ、持ち主にもどってきます。

 このリフィル、たかが紙なのに15000円くらいします。しかも、休日が、フランスベース、714日はFETE NATIONALEなんて書かれていますので、使う際は、手書きで、日本の休日を書き込む必要があります。

見開き1週間単位、時間単位のリフィルと、 巻物のような月単位のリフィルがあります。あと住所録もついていますが、住所録は、最初に買ったときのものを更新していますね。

 互換性に乏しいので、メンテナンスフィーが非常に高額。でも、10年近く酷使しているにもかかわらず、皮の縫い目のほころびが全くなく、つるんとしたライトブラウンの皮が、いい味をだしています。エルメスの実力って、こういうものなのですね♪

 人生というか運命の荒波にもまれ続ける信託大好きおばちゃんですが、なんとか、2011年もエルメスのリフィルを駆使できそうです。今後も、このささやかな贅沢が続けられたらハッピーと思うし、このくらいの贅沢が最上限と、自分の経済感覚に刻んでおくことがちょうどいいような気がしますね。

|

2010年12月 3日 (金)

海老蔵をぶん殴った男

最近、海老蔵の話題が、ネットにあふれていて、必ず、チェックしています(笑)。

 ところで、歌舞伎役者にとって、絶対に傷つけちゃいけない顔をぶん殴った男が、話題としては、がしがし登場しますが、姿を現しませんねえ。

 日本国内にいると思うのですが、優秀で鳴る日本警察をして、行方がつかめないのでしょうか。

 海老蔵は、被害届けだしていますよね。もし、彼が捕まって、裁判にでもなると、海老蔵のやったことが白日にさらされてしまう。そうすると、海老蔵や歌舞伎のイメージダウンが大損失になりかねない。

 じゃ、被害届けを取り下げるか。そんなことができるかどうかわかりませんが、それもいまとなってはイメージダウン。なんで取り下げるのか。やっぱり、海老蔵は、何かやってたとなる。

 一番、海老蔵にとっていいのは、いつまでたってもぶん殴った男がでてこないこと。でも、そうすると、日本の警察はあほだとなるから、警察の面子はない。

 となると、セレブリティ連中が、心の中で望むことは、いやな言い方だけど、ぶん殴った男がこの世からいなくなり、割と早く見つかること。

 しばらくは、うわさが充満するけど、なんとかに口なしですから。 

 でも、海老蔵は、政治家でも官僚でも会社員でもない。歌舞伎役者、傾き役者なんですよね。故横山やすし師匠のように、スキャンダルを肥やしにして役者として大成長すれば、ファンもついてくるでしょう。経済的損失を一時は被るけど、ココロを入れ替えて、精進すれば、いままで以上に大輪の華を咲かせるかもしれない。これが一番いい方法のように思うけど、たぶん、このようにはならないんだろうねえ♪

|

2010年12月 2日 (木)

奥さんのために老人ホームの入居金を払ったら贈与か

 老人ホームの入居金を巡る税金の争いについて、東京の国税不服審判所で裁決がでました。

 事案は、旦那さんが奥さんを介護付老人ホームに入居させるために945万円の入居金を支払ったのですが、奥さんよりも早く旦那さんが亡くなってしまったというケース。

 旦那さんの相続税の申告について、当初、この945万円に関して、相続開始前3年以内の贈与だから 相続時に財産にプラスして申告をされました。しかし、後にこれは、旦那さんが奥さんに対して生活の面倒を見なければならない義務があることから生じた支払いだから贈与の対象とならないとして更正の請求をしました。

 これに対して、課税庁は、なるほど、生活保持義務の履行でしょう。でも、旦那さんが亡くなったら義務もなくなりますね。そうしたら、旦那さんが亡くなった時点での入居金の返還金相当額(5,292,000円)の金銭債権が残るから、この部分を相続財産に入れといてねとなった。

でも、いくら旦那さんが亡くなってもお金は返ってこないんだけどね。

で、本件に関しての裁決は、この入居金は 配偶者への贈与だけど、扶養義務者への贈与で相続税法上非課税にあたるものだから、お上の主張は間違っている。

 ということになって、これはハッピーなんだけど、じゃあ、このケースで、奥さんが旦那さんより先に亡くなって、返還金が旦那さんに戻ってきたら、これは、奥さんから相続でもらったということになるの? 自分で払ったお金の一部が返ってきたようなものにも思えるけどどうなんだろう♪

|

2010年12月 1日 (水)

陸山会の政治資金収支報告書

1130日に陸山会(小沢さんの資金管理団体)の平成21年の政治資金収支報告書が公表されました。

このウォッチを

収入 912,824,305円なのですが、

内訳(単位;円)

寄付  465,063,328

借入金 370,000,000

その他  77,760,977

合計  912,824,305

この借入金は、小沢さんから 小沢さん、お金もっているんだなあ

支出  945,324,781円なのですが

内訳 (単位:円)

経常経費 40,813,624

寄付  500,757,885

その他 403,753,272

計   945,324,781

経常経費で面白いなとおもったのは、9月から12月まで月750,000円の事務所賃料が発生しているのだけど、この支払い先が小沢和子さん、すなわち、小沢さんの奥さん。

寄付は、子分の選挙資金だと思いますが、ほぼ、一律500万円

その他は、小沢さんからの借入金370,000,00円とその利子等の返済みたい。

つまり、自己資金を拠出したけど、寄付と不動産の売却収入で賄いましたということ。

なお、資産の内訳に 世田谷区深沢の不動産 342,640,000円がありまして、

利用状況といたしまして、事務所兼宿舎(二棟)及び事務所用駐車場(宿舎部分は、住み込みのため、金銭の授受は発生しない) 使用者は 当団体の代表者の秘書。

小沢さんの資金力がダントツといっても、寄付だけとると2番手の倍くらい。

それより、小沢さんの貸した370,000,000円の資金原資の方が気になりますね。

いずれにせよ、陸山会は小沢さんのもってるお財布のうちのひとつみたいなもの。

|

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »