« アジア拠点化を推進するための制度とストックオプション課税 | トップページ | サイゼリヤのリブステーキ »

2011年1月 7日 (金)

聖子ちゃんの出産

 今朝は、どんなに重要な話題があっても、これ、 野田聖子ちゃんのご懐妊ではなく、ご出産

 第三者から提供を受けた卵子で妊娠した自民党の野田聖子元郵政大臣が、6日朝、都内の病院で男の子を出産しました。

http://www.nhk.or.jp/news/html/20110106/t10013256141000.html

 50歳で、出産できるんだ。。。。。。

 凄いなあ。 

 卵子は第3者ということですが、精子は、誰のものだろう? 元夫か? 

 普通だったら、子どもが、就職しているくらいの年齢なんですね。若いおばあちゃんもいるかもしれない。

 でも、ここから、彼女のお母さんライフは始まる。

 経済的には、全く、困らないと思うし、ある程度、他の人たちに子育てを任せることだって可能。

 夫なんて、うざいだけですからねえ。 どんなに立派な男でも 野田聖子の夫としてしか世間も評価しないし。

 では、信託大好きおばちゃんだったら、聖子ちゃんのようなことができるか?

 ノーコメント としかいいようがないねえ。

|

« アジア拠点化を推進するための制度とストックオプション課税 | トップページ | サイゼリヤのリブステーキ »