« 知れば使える! デリバティブのABC | トップページ | 最新 外国子会社合算課税(タックス・ヘイブン対策税制) »

2012年3月30日 (金)

ちいさな企業 未来会議 第1回ワーキンググループ

 昨日、経済産業省の本館で、ちいさな企業 未来会議 第1回ワーキンググループなるものが開かれました。 わたしは、縁がありサポーターという名のにぎやかしでおりました。

 これは、日本経済の原動力である中小企業の活性化のために国はどういう政策をしたらいいのか教えてほしいといことで開いたのだと思います。

 ワーキンググループだけでなく、地方会議というのがあって、全国ですでに行っており、6月に提言をまとめるそうです。

 今回の会議は、資金調達、経営指導・経営支援の在り方についての話でした。コアメンバーの方が数十人いらっしゃって、その方々がそれぞれの項目について、自分の経験をもとにお話しをする。議論というより主張。 経営者、専門家(税理士、会計士、弁護士、中所企業診断士、社会保険労務士、、)金融機関、行政関係者。 このように多様な人材が一同に集まって意見をいうという機会はめずらしいようです。

 会社の成長の過程で、企業のニーズは異なり、そのニーズに応ずるためには、きめの細かな支援が必要なのですが、いろんな諸事情でアンマッチになっている。それをどうすれば埋められるかということなのかもしれません。

 会計の大事さも話となりました。会計が実態を反映していない(特に中小企業では)。 だから、会社が倒産すると、会社の実態と会計がかけ離れていることばかり。もっと実態にあわせた会計にすべき。 それは、わかるんですけどねえ。

 中小企業会計指針というのがあるのですが、これは、中小企業には、ちょっと立派すぎるところもあり、それに基づくチェックリスト(対金融機関)は厳しいという議論が実務家の中ではあります。

 そんな声をきいたかどうか、今度はもうちょっとハードルの低い中小会計要領というのが公表され、今度はこっちを広めるそうです。

 いったいどうなってるの? いくら中小会計要領を公表しても、チェックリストは中小企業会計指針だったらどうしようもないのだけどねえ。

|

« 知れば使える! デリバティブのABC | トップページ | 最新 外国子会社合算課税(タックス・ヘイブン対策税制) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 知れば使える! デリバティブのABC | トップページ | 最新 外国子会社合算課税(タックス・ヘイブン対策税制) »