« スキャンダルの対処法 指原莉乃騒動 | トップページ | 高齢者を若返らせるスイスの発想 »

2012年6月25日 (月)

生命保険信託の事例の広告

日経ビジネス2012.6.25にプルデンシャル生命保険の広告記事として生命保険信託の事例が2つ掲載されています。

 生命保険は保険事故により多額のお金が支払われますが、この支払方法を自由に設計できるようにすることが信託を使ってできます。

 利用例としては、一つ目は お父さんが他界された後にお母さんが生命保険の契約者となり、ついでに信託を設定することにより もし、お母さんが亡くなったら、子供に毎月10万円ずつ支払う、 亡父の命日に5年間にわたって400万円を義理の両親に支払う。毎年、1225日に5年間にわたって社会福祉法人に100万円ずつ支払うということにしたもの。

2つ目は、お母さんが生命保険の契約者となり、お母さんが亡くなったら、障害のある長男に毎月一定額と臨時の出費について生命保険で支払う。もし、長男が受け取れない状況にあれば次男に支払われるというようなもの。 保険金をいつ、いくら払うかという指示は夫としたようです。

 信託の使い方として価値があり、たぶん、廃れることがないものの代表が、親亡き後の子供の養育費や治療費の適切な支払のためのツールで、その一つがこの生命保険信託。

 保険のいいことは、保険料以上のおカネを作り出せることですね。

 あと、保険の税制が使われるから、課税時期が信託設定時ではなく、支給時まで繰り延べられることもあるね。

|

« スキャンダルの対処法 指原莉乃騒動 | トップページ | 高齢者を若返らせるスイスの発想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スキャンダルの対処法 指原莉乃騒動 | トップページ | 高齢者を若返らせるスイスの発想 »