« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月28日 (金)

こだわり捨てて復活したUSJとハウステンボス

 新幹線の中でWEDGE2013.1月号を読んでて、目に留まったもの

 テーマパークというとディズニーランドの一人勝ちで、あとはダメと思っていたのですが、どっこい、USJとハウステンボスは好調になってきているらしい。

 どうしたか、ディズニーと同じやり方をやめたから。テーマパークは、装置産業で、損益分岐点が高く、固定費回収をするためには、損益分岐点を超える売上のキープが不可欠。東京マーケットをがっちり押さえた、その点 東京ディズニーランドは、東京マーケットを押さえているから売上が期待できる。売上をキープするためには、リピーターを増やすことが不可欠で、そのためには新規アトラクション投資が必要ですが、損益分岐点を超える売上があるからなんとかなる。

 でも、他のエリアで東京ディズニーランドと同じ手法を持ってきてもうまくはいかない。USJは大阪の近くといってもマーケットは小さいし、ハウステンボスは、九州だし。。

 USJの場合は、映画のこだわりを捨て、マーケット(つまり、子供)のニーズに沿うようなアトラクションに転換して売上を伸ばしたらしい。たとえばCMをだすにしてもこのアトラクションが始まるんだではなく、乗ってみたいと思えるCMを作るようにしている。

 ハウステンボスの場合、人気漫画、ワンピースのサウザンド・サニー号をアトラクションとしたところ、この船目当てにお客さんが増加したらしい。

  ようするに、固定費を下げて、魅力のあるアトラクションに絞り、お客さん(お子さまがメイン)の心をぐっとつかむような宣伝をする!

 魅力のあるアトラクション、とくれば、昨日、書いた「いないいないばあっ!」のわんわんがいるよね。NHKが絡んでるわんわんビジネスは、ぬいぐるみにワンワンショーくらいだけど、彼のこどもや親を惹きつける(カネを生み出す可能性)力ははんぱではない。全国区だし。 至宝のわんわん芸の継承だったら収益には限界があるけど、キャラクターをうまく展開できたらわんわんアトラクションで、テーマパークでも使えるのではないか。

NHKさんの出方次第なんだけど、

 

| | コメント (0)

2012年12月27日 (木)

いないいないばあっ!

これはEテレの長寿番組のタイトルです。 825840と 162016352回放送です。対象は1歳から2歳の子供が対象なのですが、おばさんが見ても、とても楽しい。

 この楽しさの肝は、わんわんという着ぐるみです。でかいあたまで、グリーンのお耳なのですが、とても動きがシャープで、ダンスもトークもうまい。幼児やお母さんに大人気で、わんわんショーの券は、ダフ屋が凄い値段で売っているらしい。

 このワンワン、実は50歳くらいのおじさんが入っていて、踊るだけでなく、おしゃべりもしていらっしゃいます。

 ぶあつい着ぐるみをきて、でかい靴を履いて、飛んだり跳ねたり、しゃべったりは、20代や30代の人でもかなり厳しいのですが、それを50代のおやじがやっているというのは脱帽です。

                                                                                          

 着ぐるみだから、誰が入っても同じと思われそうですが、別の人がやったら、きっとどこか違和感がでてきて、つまらなくなるだろうな。

 まだ、体の切れが衰えていなさそうなので、当分はいまのわんわんが継続しそうですが、いつか引退する時がくるでしょうね。その時までに歌舞伎のようにわんわんの至宝の芸を誰かに引き継いでもらえればいいのだけどね。

 

http://www.nhk.or.jp/kids/program/inaiinai.html

| | コメント (0)

2012年12月20日 (木)

ええ人なんやけど

 世の中には、いろんな人がいます。エライ人、賢い人、ずるい人、一生懸命なんだけどここ一番でうまくいかない人、ぼーっとしてただけなのに宝籤を当てた人。。。。。

そして、必ず、どこでも一人 ええ人なんやけど、、、と、周囲がため息をふーっと漏らすような人がいます。

 性格はとってもいい。協調性もまあある。ただ、なんとなく、決めるのが苦手というか、いろんなこと気を配りすぎて、決められない。バカだからきめられないんじゃないのです。賢すぎるから なのかもしれません。こういう人は、組織にはいた方がいい。潤滑油的な役割を果たす。その人がいるだけで回りがほっこりしたりする。誰かの下で働いていたときは、それなりの評価だったけど、トップになった途端、うまく回らなくなる。決断力がないわけではないんだけどね。でもって、トップになった途端、運も悪くなったりして、引きずり降ろされたりする。そして、歳月を重ねたら、運もよくなり、ええ人が再評価され、トップじゃないけど、それなりのポジションでカンバックされたりする。

 そう 谷垣前総裁。 東大で出て、弁護士で、自民党の総裁に上りつめたけど。。。

ええ人なんやけどね。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

自民党の安倍総裁は、来週発足させる新政権の閣僚人事で、谷垣禎一前総裁を入閣させる方向で検討しており、谷垣氏を起用することで挙党態勢を構築するとともに、政権に安定感を持たせたいというねらいがあるものとみられます

(NHKニュース)

| | コメント (0)

2012年12月19日 (水)

おカネの教育をなぜしないんだろう?

 今年は、親亡き後の障害者の生活支援のために信託が使えないだろうかというシンポジウムに出させていただいたことがきっかけとなって、障害者の方の問題を少しずつ勉強することになりました。

 医療の問題や福祉の問題も大切ですが、人が生きてくためには、どうしてもお金が必要なわけで、生活するためおカネの管理についてはあまり議論されてないといいうか、議論がはばかられるところがあります。親が管理すればいいといわれても、いつまでも親御さんが元気に面倒をみてくれるとは限りません。

成年後見は財産管理の制度ですが、一つ大きな問題は、おカネの管理ができないようなメンタルの障害のある人に対してどうすればいいのか? これは、成年後見では解決ができず、本人におカネの管理の大切さを勉強してもらうしかなく、そのためには金銭教育が大切なのですが、そういう金銭教育はあまりないようです。

 おカネを稼ぐことは大事ですが、そのおカネを有効に使うことはもっと大事。税理士会は租税教育に力をいれるようですが、学校教育で本当に必要なのは租税教育よりもおカネの教育だと思うんだけどね♪

| | コメント (0)

2012年12月13日 (木)

消費者検定2級 ペニーオークションって何?

 以前、このブログでもちょこっと書きましたが、今年、某区の消費者講座を受講していまして、最終回に消費者検定があり、結果は2級でした。この消費者検定は、消費者向けの知識を7分野(契約悪質商法・衣生活・食生活・住生活・サービス・生活と家計管理・環境)から70問出題し、正解数により1級から5級までのいずれかに認定されます。賞状いただきました。

 問題集をぱらぱらと2度ほど解いただけでやっつけテストでしたが、なんとか2級。私たちの講座では14人受験して、1級は1人という感じでした。この講座で3級以上の人は来年、上級講座に通う権利を獲得し、ゆくゆくは、某区の消費者教育活動にただで従事せよということですが、親しい人もでき、時間に都合がつけば、流れに乗る可能性大です。幸せな人ですな。だって信託大好きおばちゃんは自由人ですから。

 この検定試験に出た問題を一つだけ紹介。

 ペニーオークションの説明として適切なものはいくつあるか選びなさい。

(ア)  通常のオークションと同様にサイト運営者、出品者、落札者が異なる取引である。

(イ)  入札のたびに手数料が発生する取引である。

(ウ)  入札価格は、サイト運営者が入札単位を少額単位で固定している。

(エ)  通常のオークションと同様に終了時間が設定されている取引がある。

ペニーオークションはサイト運営者=出品者 だから(ア)は×

入札の残り時間内に入札があるたびに延長されて、いつ終わるかわからんもんらしい だから()は×

(イ)  と(ウ)は正解。 だから答えは2つ正解ということ

過去問と類似したものも1割くらいありますが、1級取ろうと思ったら相当気合を入れて勉強しないとまずいレベルな試験でしたね♪

| | コメント (0)

2012年12月12日 (水)

サントリーの上場 但し、伊右衛門やBOSSのいる会社

サントリーホールディングス(HD)は2013年夏にも、清涼飲料事業を手がける主力子会社、サントリー食品インターナショナルを東京証券取引所に上場させる方針を固めた。時価総額1兆円規模の大型上場となる。By Nikkei

サントリーといえば、新幹線から見える山崎の工場をみて、もうすぐ大阪と実感させるような関西の洋酒メーカーです。

 いまは、持株会社制をとっていますが、持株会社は同族の非上場会社です。子会社が一つ上場しているようですが、今度、中核といわれるサントリー食品インターナショナルを上場するようです。

 サントリーという会社は、連結ベースで売上が18,000億円を超える会社で、売上高では、キリンより若干下回りますが、アサヒビールよりは上です。 で、このサントリーセグメントを見ると意外なことがわかります。

 平成231231日 単位M円

        飲料   ビール等  その他   合計

売上      977,660       525,614       319,687   1,822,962

セグメント利益  88,081       29,569        25,540     143,191

売上の規模も 利益率も、飲料がビールや洋酒を上回っているのです。

つまり、伊右衛門やBOSSが、ハイボールやモルツよりもサントリーの屋台骨を背負っているっちゅうことです。知っている人にはどうってことない情報ですが、素人にとっては意外な情報♪

| | コメント (0)

2012年12月10日 (月)

今井のきつねうどん

新大阪駅の新幹線の改札口を入った構内に大阪の名店のフードコートがあります。以前から知っていたのですが、食うきっかけがなく、今度こそ、今度こそと思って、本日、ようやく思いがかないました。大好きな道頓堀の今井のきつねうどんをいただきました。

 道頓堀の今井は、かに道楽、づぼらや、金龍ラーメンのある通りにあります。大阪在住のころからのファンでして、わざわざ今井のおうどんを食べるだけに道頓堀まで出向いたものです。

 ちょうど、12時前でしたが、きつねうどん(750円くらい)を注文すると、すぐ出てきました。うどん本体自体は、こんなもんだったかいな?と思うたところもありましたが、揚げは甘くて分厚くておいしい。お汁は、まあいい塩梅かいな。お客さんが、いっぱいだけど、ぎゅーぎゅーでもない。いい感じのにぎわい感ありでした。

 今日は、豪雪の影響で関ヶ原がホワイトアウト的な感じで15分ほど遅れて運転していました。富士山はきれいに見えました。東京はサブい青空。12月からこんなに寒いのは久々かな♪

| | コメント (0)

2012年12月 9日 (日)

国際私法総論+各論

タイトルは先週の金曜日の行政書士会の研修のタイトル。講師は、道垣内正人教授。道垣内さんは信託で著名な方と思ったのですが、信託の方は道垣内弘人さん 兄弟なのかな?

 完全に消化できていないところもありますが、国際私法の考え方の道筋の基本を語られたと思います。

 結局、国際私法で決めているのは、細かなことでなく、ある私法上の事象が生じたときに、どこの国の法律を適用するかを決めること。

 決める方法として、国際私法の世界には、いろんな単位法律関係(たとえば、離婚、相続、)があるが、それらは、国際私法の世界の中できちっとおさまっていないといけない。つまり、重なることも、隙があることもNG.それぞれの単位法律関係について、どの国の法律関係を使うかは連結点が何かで決める。たとえば、相続なら、連結点は、被相続人の国籍。国籍が決まっていたらその国籍の国の法律、じゃ、2重国籍は?重国籍は?となってそれぞれお約束がある。

 ただ、相続財産をどう構成するか問題らしい。

 例としてカリフォルニア州の自動車事故で負債した日本人が死亡した運転手の日本人の相続人に損害賠償を請求したらしい。相続の準拠法は日本だけど、不法行為の準拠法は、加害行為の結果が発生した地の法律だからカリフォルニア州。で、カリフォルニア州では、被相続人の債務は相続人には引き継がれない。で、判決では、相続の準拠法の日本法と不法行為の準拠法のカリフォルニア州の両方で認められないと債務は相続されないとして、債務の相続人への引継を×としたらしい。

これは、道垣内さんは妥当でないとしたね。相続財産に該当しないかどうかを決めるのは相続の問題だから、相続の準拠法(日本法)で決めるべきとしていたような気がする。間違った理解ならごめんなさい。

| | コメント (0)

2012年12月 7日 (金)

勘三郎さんの死で思うこと 年寄りはしぶとい

 勘三郎さんが57歳という若さで亡くなられた。神様は意地悪だよね。本当に必要な人の人生をあっさりシャットダウンさせてしまう。

 とても、パワフルで、病気の片りんもみせず、舞台を縦横無尽に活躍されていたのですが、観客からは見えない身体の中は、病魔がすでに縦横無尽に暴れていたのでしょうね。

 若い方は、病気の進行も早いから、あっという間に病気が進行する。逆にお年を召された方は、病気の進行が遅い。じわじわと身体が朽ちていく。病気の治療は点であり、線ですが、年を取ると生活能力が衰え、生活の介助が必要になるのですが、これは面。

介護保険を利用し、ヘルパーさんに頼むとしても、点や線でしかお願いできない。かといって、家族がべったりはりつけるかというと、いろんな事情で難しい。特に突然、病気になっても、仕事をもっていると家族は簡単に出動できない。既存の仕事を片っ端からキャンセルするわけにもいかない。

そこで、ヘルパーさんと病院と家族が連携で、点と点、線と線を結んで、なんとか生活機能の低下をカバーしようとするのですが、大変なビックプロジェクトです。しかも、いつまで続くかわからない。どうすればいいか。入院もだめだし、老人ホームも拒否だし。

はーーっつ。 思わず、ボヤキを書いてしまいました♪

| | コメント (2)

2012年12月 4日 (火)

コンビニの手作りコロッケ

 最近、夜、コンビニによると、レジの前のテーブルに、手作りコロッケや、餃子、から揚げなどの揚げ物が積んであって、ぱっ、ぱっと売れてます。

 値段は,ひとパック100円から300円まで、他のコンビニの商品と比較して、安く、しかも、揚げたてのときは、あったかい。コンビニで作ってるのか、別のところで作っているのかよくわからないけど、手作り感があるんだよね。

 夜遅くの料理は大変だけど、小銭で小腹を満たしたい。一回、いいなと思うと、また立ち寄ってしまう。コンビニの売れ筋商品ではないかな♪

| | コメント (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »