« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月27日 (金)

 なんで安倍さんは靖国神社に行ったのだろう?

 年末になっていきなり安倍さんが靖国神社に行って、待ってました!とばかりに世界中からブーイングの嵐が巻き起こりました。

 

 安倍さんが個人的に思うことはいろいろあると思いますが、総理大臣として靖国にいくと世界中からぶーーーとなることは、素人国民レベルでもわかるのに、なぜ、日本では最高のブレーンがいるはずの安倍さんがいきなりやったわけ?

 

 周りが反対したけど強行した! やったもん勝ちだから 後先考えずにわーっと実行したのか。どーもそのあとの政府や党の反応を見ると違うと思う。日本独特の下から積み上げて、トップはよきにはからえということで実行したと思う。

 

 じゃ、靖国に行ったのはなんのためか?

 

 その前に韓国に1万発の弾薬をあげている。特定秘密法も作った。基地問題も一定の解決を得た。 次は憲法改正。 日本を軍事国家に変えていくから 軍国主義スタート宣言か。 これはありえるかもしれない。特定秘密法を作ったからといって、国民の納得は得られないと思う。それに自衛隊の軍備がどんなに凄くたって、もし、来年、北朝鮮が日本に攻めて来たら 平和ボケの人たちですから戦う前に逃げ出すかもしれない。

 

 で、亜流の考えかも知れないけど、ひょっとして安倍さんとか政権の人たち、誰かに脅かされたか、仕向けられて、どうしようもなく、あんな誰が考えてもブーイングなことしたのではないか。

 

 日本や中国や韓国が仲良くやっていくというのは、仲間内では非常に喜ばしいこと。でも、世界的な軍事バランスを考えると三国が仲良く団結すると凄い脅威となる。だから、この3国の仲を悪くして、喧嘩するようにしたい。そうしたら力がそがれ脅威とならないし、国防費と称して無駄なお金をいっぱい使ってくれる、これが望ましいと思う人たちがいる。だから、仲たがいをするように仕向けた。安倍さんたちもその圧力に抗しきれず、実行した。 どこにも証拠がないけど、でも違和感のある行動をした場合は、何かどうしようもない理由がある。

 

真実は、常に、沈黙の中にある。

 

 

| | コメント (0)

2013年12月19日 (木)

Navigating United States-Japan Estate Planning

 タイトルが英語で恐縮です。米国の雑誌TRUST & ESTATES NOVEMBER 2013に寄稿された原稿です。

 http://wealthmanagement.com/te-home

 これは、以前、このブログでご紹介して、売れている「海外相続ガイドブック プランニングおよび相続実務におけるQ&A66 [単行本]」の著者の一人である中田弁護士も執筆陣のおひとりとなっているものです。

 

 日米間で信託を使った相続対策などが行われる場合の留意点を日本サイドから書いたようなものかな。

 

 山田パートナーズの三宅さん Ogakiさんが税務部分を執筆。

 

 こういう文献の価値は、低レベルなことをいえば、専門用語をどのように表現しているかが参考になります。

 

 一番知りたかったこと 日本の資産を外国の信託を使って問題ないか(適法にできるか)

 

 According to influential academics, Japanese courts are likely to follow U.S. law on the validity and effect of a trust if the trust instrument designated U.S. law. Thus, a U.S. trust should, in theory, be recognized in Japan.

 

 US信託だったらいけるっちゅうことかいな。

 

 ざざ読みですが 勉強になります♪

 

| | コメント (0)

2013年12月18日 (水)

北朝鮮の憲法

 最近、北朝鮮が大変です。NO2の権力者をあっというまに粛清し、遺灰もない状況らしい。 今までだっていっぱい粛清をやったけど、これほどまで派手に公表していなかったのに、なぜか。

 

北朝鮮は、あほじゃないと思う。普通だったらとっくの昔につぶれてはずの国家がしっかり今でも生き延びている。孤立して経済もボロボロのはずなのに、なぜか、粛清の嵐の中、現将軍さまがスキー場建設の視察に出かけた報道があった。たぶん、お金はあり、そのお金が一般国民に自然に循環するシステムにはなっていないだけだと思う。

 

普通だったら、こんなアンバランスなシステムはすぐに崩壊してしまうのだけど、おっとどこいしぶとく残っている。誰かが支えているからだと思う。それは誰か?

 

 中国か? それは正解だと思う。でも中国ととても親しい張さん一派が大粛清されるということは、反中国の勢力というのもあって、それが現将軍さまを支えている。たぶん北朝鮮内では弱い立場の人たちだと思う。にもかかわらず、国が傾くかもしれない位の迫力で粛清を断行しているのは、勝算があるからで、それは、中国と同等以上の支持をしている人というか国があるからだと思う。派手なパフォーマンスは、中国に対して、あなたとの仲を精算させていただきます。新たな人生を新たな男?と切り開きますのでというプレゼンテーションじゃないかと。ただ、この離婚→再婚プロセスは大変だろうな。家庭裁判所が仲裁なんて無理でしょ。

 

それは誰か?主要メディアには全然でてないけど、いつも沈黙に こ・た・え・はある♪

 

で、タイトルのお話を 実は、北朝鮮の法令集持ってるんですよ。そこに憲法もあります。 興味をひいたところをチョコッと引用。

 

1条 朝鮮民主主義人民共和国はすべての朝鮮人民の利益を代表する自主的な社会主義国家である。

 

63条  朝鮮民主主義人民共和国における公民の権利及び義務は、「一人は全体のために、全体は一人のために」という集団主義的原則にその基礎を置く。

 

64条  国家は、すべての公民に、すべての民主主義および自由、幸福な物質文化生活を実質的に保障する。

79条  公民は、人身及び住宅の不可侵、信書の秘密を保障される。

| | コメント (1)

2013年12月16日 (月)

平成26年税制改正 医業継続に係る相続税・贈与税の納税猶予等の創設

たぶん今年の改正の目玉 持分の定めのある医療法人は、現在は作れませんが、以前作ったものの名残があり当面は存続されることになってます。

 この法人の問題は配当を払えないから、儲かる法人の場合はどんどん利益が法人に蓄積され、出資者に相続が発生したときは、膨大な相続税を払わないといけない。価値がある≒ 相続税が払えるくらいの金がある であるから困っている人が多い。

 

 国としては、とっとと持分の定めのある医療法人から、持分の定めのない医療法人に移行させたいけど、なんだかんだで移行が進んでいないのかもしれない。進めさせるためには飴をあげる必要がある。飴玉は税金(相続税)をただにするのが一番だ。

 

不人気な非上場株式の相続税や贈与税の納税猶予があって、今度大幅にリニューアルするから、そこに医療法人もいれてもらおう。そうすれば思う壺にはまるはずだ!

 

こっちが相続税

 個人(以下「相続人」という。)が持分の定めのある医療法人の持分を相続又は遺贈により取得した場合において、その医療法人が相続税の申告期限において認定医療法人(仮称)であるときは、担保の提供を条件に、当該相続人が納付すべき相続税額のうち、当該認定医療法人の持分に係る課税価格に対応する相続税額については、移行計画(仮称)の期間満了までその納税を猶予し、移行期間内に当該相続人が持分の全てを放棄した場合には、猶予税額を免除する。

 (注)認定医療法人(仮称)とは、良質な医療を提供する体制の確立を図るための医療法等の一部を改正する法律に規定される移行計画(仮称)について、認定制度の施行の日から3年以内に厚生労働大臣の認定を受けた医療法人をいう。

 

こっちは贈与税

 持分の定めのある医療法人の出資者が持分を放棄したことにより他の出資者の持分の価額が増加することについて、その増加額(経済的利益)に相当する額の贈与を受けたものとみなして当該他の出資者に贈与税が課される場合において、その医療法人が認定医療法人(仮称)であるときは、担保の提供を条件に、当該他の出資者が納付すべき贈与税額のうち、当該経済的利益に係る課税価格に対応する贈与税額については、移行計画(仮称)の期間満了までその納税を猶予し、移行期間内に当該他の出資者が持分の全てを放棄した場合には、猶予税額を免除する。

 

| | コメント (0)

2013年12月13日 (金)

税制改正大綱 相続税の取得費加算の制限

 今年は税制改正大綱の発表が早い。というか 昔に戻っただけなんだけど。

 

ぼちぼちメモ代わりに書いていきます。

 

相続財産に係る譲渡所得の課税の特例について、次の措置を講ずる。 

 

 相続財産である土地等を譲渡した場合の特例について、当該土地等を譲渡

した場合に譲渡所得の金額の計算上、取得費に加算する金額を、その者が相

続した全ての土地等に対応する相続税相当額から、その譲渡した土地等に対

応する相続税相当額とする。

 

 これは、どういう制度かというと 相続により取得した財産をその後売却した場合は、日本の制度によると、被相続人の取得価額を引き継ぐことになるから、キャピタルゲイン課税が生じる場合、所得税と相続税の2重課税になってしまう。それはちょっとひどいということで、申告期限から3年以内に売却した場合は、相続税を所得から引いてあげましょうというもの。

 

ただ、資産間の差別があって 相続により取得した土地を売却した場合は、売却により取得した土地が、相続により取得した土地の一部であったとしても相続により取得した土地全部に相当する相続税が差し引けた。他の財産は財産相当なのに。なぜ、こんな制度がキープされたのかよくわかりませんが、是正されることになったという話。

 

 

相続財産の譲渡に係る確定申告書の提出期限後に、当該相続財産の取得

の基因となった相続に係る相続税額が確定した場合(相続税の期限内申告

に限る。)には、当該相続税の期限内申告書を提出した日の翌日から2月

以内に限り、更正の請求により本特例の適用を受けることができることと

する。

 

平成 27 年1月1日以後に開始する相続又は遺贈

により取得した資産を譲渡する場合について適用する。

 

 たぶん、これは相続税の申告期限前(相続から10か月以内)に土地を売却して所得税の申告をしたあとに、相続税の税金が確定した場合は、申告期限の提出日から2か月以内に限り、払いすぎた所得税を取り戻すことができる。ただ、これって期限内申告に限られるんですよね。じゃ、イレギュラーなケースは全部アウトなのか?

 

 

 

| | コメント (0)

2013年12月11日 (水)

 白金台のブックオフ・ザ・ガーデン自由が丘の閉店

  白金台というとシロガネーゼが生息し、マンションを建築すると、バカ高い値段で瞬間蒸発する凄い場所です。人口も増え続けている。しかも、近隣にいい小学校(白金小学校、聖心,慶応幼稚舎)があるから若い金持ちが押し寄せ日本でも珍しい持続的な成長が可能な場所。

 

 だったら、店も繁盛していいでしょ。といいたいのですが、実はそうでもない。みんなが大好きなプラチナ通りにはお洒落な店がいっぱい並んでいますが、実は長続きしないところが多い。後入れ先出し法みたいなところがあって ずっとやってる店は顧客がついてるからずーっとやってるけど、新規参入は退出も早い。はっきしいってシロガネーゼはプラチナ通りであんまし買い物しないし頻繁に飯も食わん。

 

 白金台の駅の近くにブックオフがありましたが、これも閉店してしまった。満員にはならなかったけどそれなりに客が入っていたのに。たぶん、ネットのせいだと思います。ネットで音楽だって本だって買えますから。あえて店に行く必要もない。

 

 それからザ・ガーデン自由が丘。これは高級スーパー。さんまがバカ高いですが、いいものもある。とりわけワインの品ぞろえはよかった。1,000円以下でもいいのがあった。

 なぜ撤退したのか。白金台の駅前はスーパーが3つあったんですね。東急とマルエツとガーデン。3つは多いと思ったら、一番高級路線が撤退。

 

 お金のある人口がどんどん増えていく場所であっても店はつぶれていくんですね。ネットの影響。供給過剰。結構多いのにつぶれないのが、クリーニング屋さん。美容院(カットハウス)、歯医者。たぶんニーズとしてあるのが、服の直し(ボタン付けだってできませんから)靴やかばんの修理屋さんも高い値段だけど客が必ずいる。電球の取り換え(これがめんどくさいから)やってくれるところ。新規参入の飲食はかなり厳しいらしい。パン屋は相当の実力がないと既存店を超えるのは難しいだろうね。

 

豊かな日常生活の微妙なほつれをメンテナンスしてくれるところに付加価値を感じて、少々高くても(金額的には大きくない)さっさと払ってくれる人たちがいっぱいいるからそんなニーズにこたえるビジネスがいわゆる高級住宅街の店として続くのかなあ。

| | コメント (1)

2013年12月 8日 (日)

やさしい日本語はほんとうに難しい

 以前、やさしい日本語は難しいというブログを書いていたのですが、今回はその続き。

東京都の防災語学ボランティアの研修の一環として「やさしい日本語技術」研修を受けてます。

 

 昨日、またまたこの研修がありまして。今回のミッションは日本に来てまだまもない外国人の方に災害がおきたときにどう対応すればいいのかを日本語で説明せよ! 

 

 私の担当はスウェーデン人の茶髪のにいちゃん。不安そうな顔つき。そうだわなあ。

 

 まず、わたしが日本語で書いた、仕事場で災害が起きた場合、どのようにして家に帰るか、帰る道に青いハートのマークのあるコンビニやガソリンスタンドには水や情報があるよなんてことが書いてあるペーパーを音読してもらい理解できたかどうかを確認する

 

 次に 避難場所と避難所の違い みなさんわかりますか? 避難場所というのは、災害が起きてすぐ集まるような広い公園。一時避難場所。水や食料はない。

避難所というのは そこで寝泊まりができ、水や食料もあるところ。他にも難しい説明はあるのですが、やさしい日本語で伝えられるのは私にはこの程度。

 

 最後は地震が起きた時のパフォーマンスの書いてあるチラシの説明。 ぐらっときたら机の下にもぐる。ゆれがおさまったら火を消す。窓やドアをあける。外へでるときは、モノが落ちてこないか注意して靴を履き、ゆっくり移動。へいの近くは壊れたらけがするから歩かないとかね。日本語での説明だけじゃ わからなくなるのでアクションつき。机の下にもぐったり、手をあげたり 頭をかかえたり。

 

制限時間45分で説明が終わると、私たちは控室に移動して、日本語教師の先生方が外人さんに確認テスト。これは外人さんの理解力テストというより、私たちボランティア通訳の査定。

 

私の場合は、手書き(私が書いた)の文章が読みにくいとご指摘。 とほほ。字が下手ということですから。

そして、説明しているところをビデオで撮影していたので、みんなで確認。わたしは、家のことを「おうち」と何度もいってましたがこれはNGだそうです。なぜならば「おうち」は、日本語の辞書にないから。 いやー 自分が必死で教えているのをビデオで見るなんて恥ずかしいですねえ。 参加したみなさん(6人かな)恥ずかしさを隠して大爆笑。

 

 やはり、日本語って難しい 常日頃、相手に通じるものと信じてべらべらしゃべっているけど、日本語初心者を相手にするとまるで通じない。そこで、言葉をかえてもわからない。だから最後はボディーラングリッジ。これなんですね。

 

 

| | コメント (0)

2013年12月 5日 (木)

 喪中葉書

 ようやっと喪中葉書の印刷ができあがってきました。

 久々の喪中葉書でしたが、今年は何が大変といっても注文してから手に入るまでかなり時間を要したこと。

 

 いつも名刺や葉書は近くの印鑑屋(名刺やはがきの注文もしてくれるところ)にお願いしています。従来は、実直そうなおじいさんが注文を受けてさくさくやってくれるのですが、今年現れたのは奥さんと思われるおばあさん。

 

 1回目注文して、1週間くらいして引き取りにいったら、℡番号が間違っていた。間違ってますよと指摘して、名刺を渡し「この℡番号でお願いします」それから1週間

 

 2回目に訪問したら、又おばあさんが登場。何度いってもよくわかってもらえず、ようやっと持ってきたのが、なんと名刺1ケースと、前のままの葉書。

 茫然として、ちょっときつめに何度もお願いしたら、おばあさんが泣き出しちゃって、あーどーしよー状態。

 

 そして3回目。今度、うまくいかなかったらほんとにやばいなとおもって訪問したところおじいさんが登場。 ようやっとまともな葉書が完成。わたしは非常にやさしいですから、値引き交渉もせず、注文もしてないのに出来上がった名刺も通常料金を払って、「ほんとうにお願いしますよ。私の仕事の大事な一部ですから」と念をいれて退散。

 

 なじみのおじいさんがひっそり営んでる店は私の人生を支えてもらった大切なところなのでバカヤローと切り捨てることができないんだよねえ。

 

 ということで、これからこつこつ喪中葉書の作成です♪

 

| | コメント (1)

2013年12月 4日 (水)

 大規模修繕

 マンションの場合は、10年~15年にいちど大規模修繕という一大イベントがあります。私の大阪のマンションが今年、この年に該当しました。大規模修繕というのはマンションの外側を修理するなのですが、個人で変更できないからドアも外に該当するらしく、ドアのペンキ塗りの立会のために2日間マンションに引きこもってました。

 

 こんなことのために平日2日もなんて思ってもどうしようもありません。職人さんも休日はお休みですので。 ドアは1度塗りではなく、3度塗るらしい。1回目に2度塗りをして翌日3度目塗り。 明るいあんちゃんがやってきました。「こんちわー ペンキ屋です。」

 

 部屋で仕事をし、時々、ごろんとしていたらバルコニーの外(足場を組んでいる)をヘルメットをかぶったおっさん、あんちゃんが動き回ってます。「ぶたの昼寝」とか思ってんだろうなあ。

 

 実に8年ぶりでした。3日間も滞在するなんて。いつも、上京してから帰省の際は、郵便だけ整理して、実家の方にいってたので。 ちょうど荒ゴミの日にぶつかっていたので、懸案の自転車やプリンターやでかい裁断機やらゴルフセットやらを捨てに行きました。凄かったのは、捨てて、一旦部屋に戻りつぎのごみを搬出したら、前に捨ててたゴミがないんですね。 きれーにない。 誰か取っていってるんですね。東京では粗大ごみの日にがんがん捨てても誰も取りに来ないのに。

 

 荒ゴミをすて、山のような服をすて、とりあえず、机の上に山積みされたわけのわからん小物類を処分したら、90リットルのごみ袋10袋大入り満員。だけどまだまだ。つくづく思うのは人間が生活するためには膨大な異なる物に囲まれているもの。生活するためにはどうしても必要かもしれないけど、これって使わなければただのゴミ。だから生活必需品(家具も含めて)にカネをかけるのは無駄。いつでも気持ちよく使えるもの最低限買って、動くときはとっとと捨てるというのが棲家を移動する人にはベストなんだな。

 

 

| | コメント (5)

2013年12月 2日 (月)

なぜ、日本人は第九が好きなんだろう

 1130日、地元で第九のコンサートがあって、合唱団の一員として参加してました。今回で2回目です。完全な暗譜ができなかったので、譜面をもって歌いました。

 

 12月になると、日本のあちこちで第九のコンサートが開かれます。日本人くらい第九を歌う民族はいない。なぜなんだろう。

 

 合唱というのはたくさんの人が参加して音楽を作り上げるので、コミュニケーションツールとしては有効ですが、でも 第九ほど浸透しているものはない。

 

 第九はコーラスだけではだめで、ソリストも必要。オーケストラも必要(今回、私たちはオーケストラの代わりに2台のピアノ演奏でしたが)というように大がかりで、いろんな人を集めないといけないし、そして何よりもおかねがかかります。

 

 だれでも歌えるような簡単なものか? 第九ほど複雑で疲れる楽曲はありません。ドイツ語だし、ソプラノは高音をがなりたて限界への挑戦です。誰でも知ってる例のフレーズは第九の4楽章のうちのごく一部であとは、難しい部分が多いねえ。

 

 練習が大変。今回は全20回の練習で13時間弱。 水曜の夜と、土曜や日曜の午後。

先生の鋭いけど、むちゃくちゃおもしろい指導でだんだんその気になり、いい気分が継続したのでよかったのですが、これは第九というより指導者の才能のおかげです。

 

 本番は、男性は黒のスーツに蝶ネクタイ 女性は黒のロングスカートに白いブラウスで統一。これが第九ウェア。何か月も一生けん命やったけど本番は20分くらいであっという間に終わり。 観客(満員札止め)の拍手に達成感を感じるのですが、でもこれは他の演目でも同じこと。

 

 他の合唱の場合は来年やるとしても別の歌をやりたいということが多いけど、第九の場合は来年も第九。ずーっと第九。きっと、全員参加型、下手でも参加できる毎年恒例のイベント、街の祭り 盆踊りのクラッシック版みたいなもんなのかなあ。

 

 

| | コメント (1)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »