« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月31日 (月)

今日中に郵便物は投函しましょう!

 明日から郵便料金が値上がりします。

 

 葉書が50円→52円

 

 封書が最低 80円 → 82円

 

 出せる郵便物は今日中にせこく出しましょう♪

  次のお知らせは 来年の9月30日

 今日のお昼はタモリの笑っていいとも最終回♪

 たけしは「かぶり面」をして登場するか?

| | コメント (0)

2014年3月27日 (木)

 瓢箪から教育ビジョン会議委員

 今年の1月、行政の方に紹介(たぶん人集め)していただいて、教育会議なるものにわけもわからず参加したことがきっかけです。教育ビジョン会議委員募集のポスター張ってたのをみて、ちょっと面白いかもこの前体験したしと思って、小論文(これからの教育について)をわーっと書いて応募したら、まぐれあたりで当選しまして、昨日初会合でした。

 

 大きな会議室に入って自分の名札を探したら、会長の横の横。名簿を読むと上から2番目。名簿の下の方は錚々たる肩書の人たち。序列1番目の人が休みでいやーな予感がしたらピタッと的中。自己紹介の1番バッター♪

 

 教育ビジョンとは、今後10年間の教育政策のコンセプトを決め、これに合わせて、各年度の予算を決め、実施していくというもの。変化の激しい時代ですが、コンセプトはそんなにぶれないはずだけど20年も30年も固めるとそれはそれで大変ということで、10年。

 

 参加された方が強調されたことは、港区は、日本のいや世界の最先端をいく地域で、他の地域でおこることの一歩先のことがおこっている。また、港区は小さくこまわりが効いていて、日本でも東京でもできない斬新な教育行政を実施しできる。なぜなら財政が豊かだから。

 

 港区が最先端というのは実感してます。日本だけじゃなく世界の大きな動きをにらみ、どう動いていくのか、それが日々の生活や周りにどう影響を与えるか、だから自分は今、こうしようというマインドが8年間住んでいただけで自然に身についてきましたから。あのまま関西にいてたら何事も流され愚痴の多い(あのとき、アーすればよかったとばかり思う)人生になっていただろうねえ。

 

 それから財政豊か 自分の意思(やりたい!)を貫いて、物事をなそうとすると自分でそのお金を出さないとダメ。他人の金(東京都や国)をあてにすると、他人の口出しをゆるし、重要な決め事の決定が他人に阻まれること大だからね、港区は他の追随を許さないくらいの圧倒的なフリーキャッシュフローを維持しているから好きにやれる範囲がかなりでかい。人生も同じこと。

 

 1回目は、現在の教育行政に関する資料について委員の質問に行政の方々が答えるという感じでしたが、会長から必ず一人1回は質問するように(報酬いただいてますし)というお達しがありましたので、一生懸命質問考えてしました。いただいた資料が沢山ですが、事前に相当勉強していかないと次回からは質問も難しい。私はビジョン会議の委員と生涯学習分科会会員で1年間、月一会議の人やります。しかし、人生って、思ってもいない方向にポンと振れていくもんだなあ。

 

 

| | コメント (0)

2014年3月26日 (水)

横田夫妻の幸せ

 以前、このブログで、北朝鮮の赤十字との会談に、外務省の人たちの話し合いがトッピングしてあってそっちが重要みたいなこと書いたら 横田夫妻が孫娘とモンゴルの首都で再会されたようです。 彼女はすっかり大人になって結婚して、夫と子供を引き連れて、チャーター機に高級な野菜を積めてやってきたらしい。

 

お孫さんに会えての感想は?

ウンギョンさんとの対面は、本当に奇跡的な事で大きい喜びです

           (2014316日 早紀江さんの自筆による連名のコメント)

 

 なぜ、チャーター機でウンギョンちゃんは来たの?

 「(北朝鮮のモンゴル訪問団の)一番上の人とは、接触はまったくしていない。特に先方はチャーター機に乗って来ているので、偉い人が乗っているとは思っているが、そういった方とは接触はなかった」(2014324日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で会見)

 

 つなぎ合わせて 想像すると たぶん 本当に奇跡が起こったのでしょう。一番上の人はVIPだったのかも。ただの親子連れの家族にチャーター機を出す国じゃないからね。

 

 そして、歴史は、大きく動いていく。。。。。

 

「日本赤十字社と北朝鮮の朝鮮赤十字会による日朝赤十字会談が19日午後から、中国・瀋陽市で再開される。」

 

| | コメント (1)

2014年3月24日 (月)

赤坂 松葉屋

 先週、おばさん3人の食事会があり、赤坂の松葉屋さんというところにいきました。

場所は、メトロ赤坂駅1番出口でてちょこっと路地に入ってすぐ。

 

 趣のある和風の建物 「おっとろしく高いんだろうなあ」と思わせるところがありますがホームページで値段がしっかりかいてありますからまあ、覚悟はできます。

 

 こちらは、いす席と座敷があり、わたしたちは椅子席 畳敷きの部屋に絨毯敷いてたかな。 窓の外は坪庭 玉砂利に松 (記憶ではそうなってます)

 

  お料理は懐石。だけど、すき焼きが売りみたいで プチすき焼きみたいなものが入ってます。懐石独特の目で楽しむ。舌で楽しむというもの。味付けもお上品。こーいうものを品よく、きれいな日本語を使いながら楚々と食べるといいんでしょうけど

食ってるのが、大食い、馬鹿笑い大好きのおばちゃんたちですからねえ。。。

 

 メンバーの一人が前回あった時よりもかなりやせているので「凄いやせたでしょ」と水を向けると「ダイエットをして20キロ痩せました!」と高らかに勝利宣言♪

 「わー凄い凄い凄いなあ」といいながら、心の中でくーーーっつ 自分には出来ないことを実現した人に対する嫉妬というかなんというか。

 お医者さんから病気の懸念をいわれ、薬と治療の人生は大変だからということでダイエットを実行したらしい。こつは、食事制限よりも運動。ひたすら歩いていたらしい。事務所は半蔵門の近くなのですが、新宿とかからも歩いて戻るようなことを実践してたらしい。私もよく歩くのですが、そんなに痩せてないぞ どこが違うんだろう?なんてことを心の中で考えながら、がばがば酒を飲んで笑ってました。

 

 帰りにお花をいただきました。赤坂の元料亭のようなところで、おばさん3人で懐石食って酒飲んでの割にはリニューアルオープン直後の記念だったので一人1万円くらいだったかな。「当店は、マツタケが自慢です。是非、秋の女子会はマツタケ料理を」とニコニコ笑顔。 「そうですねえ。とても雰囲気がいいし 美味しかったですから」でも、次はリニューアルオープン記念じゃないから、いくらくらいになるんだろうか。。と常に頭の中でお金のことがぐるぐる回る貧乏人の信託大好きおばちゃんでありました。

 

 

| | コメント (1)

2014年3月20日 (木)

休肝日 週4日

 実は、先月から、1週間のうち休肝日4日に決め、1か月ほど経過しました。

 

いままで、うん10年 ビールやワインを毎日のように飲む人生だったのですが、正月に○(まる)の紙パック2リットルを酒屋さんでまとめ買いしてがぶ飲みが続き、さすがにこれはまずいんじゃないかと思うようになりました。

 

そんなときに、林葉直子さんが、肝臓を悪くして大変な状況らしいという情報をネットで読んで、わたしもあーなるのかな。それはやーだな。と思い、これは断酒か、いや断酒は無理。じゃ休肝日を作ろう? 何日がいいか? 1月からプールは週4日と決めてるから、休肝日も週4日だ! と。 決めると、即実行、継続は力なりということで、1か月たちました。

 

どうして管理するかというと 私はエクセルで3週間単位のスケジュール表を作っています。ここに予定と実際を書き入れ、休肝予定日は、紫でその日セルの一部をカラーリング。実際に飲まなかったら紫のまんま。飲んだらオレンジでカラーリング。

 

ちなみにプールで泳いだ日はセルの一部をライトブルーにカラーリング。仕事は緑。仕事以外の多様な用事(これがここ1年で増殖、4月からさらに増殖)がエンジ。病院は黄色。。。

 

自分の生活や人生の状況の見える化。これからどーするか、どうなっているか、備えは十分か、課題はなーになど 刻々と変化する状況を把握して、よく考え、判断し、実行できます。

 

 

| | コメント (2)

2014年3月16日 (日)

浅草 十和田

浅草のメトロ通り十和田というお蕎麦屋さんがあります。月に一度、墓参りの帰りには必ず寄らせてもらっているお店です。

 

なぜ、この店に毎月訪れるのか?それは、おばちゃんの家族と東京を結びつけ続けた場所だから。生まれて初めて家族で東京旅行に行ったときに寄ったのが初めてでした。だからうん十年前。それから、上京のたんび、受験のときも、就職試験の時も、出張のときも、とうとう東京に住むことになってからも、母の余命一ヶ月宣告されての入院中も、納骨の段取りのときも、

 

店の入り口の横にガラス張りになっていてそば打ち実演をみることができます。

 

このお店で津軽三味線の生演奏のイベントのチラシを見せでみて、時間があったから行くことにしました。

予約しますといったらパーッと花の咲いたような若女将がこられて「あなたが最初のお客様です。」ととても丁重にいっていただいて。でも、うれしかったのは私の方です。そんな風に声をかけられたこと今までなかったし、自分がこだわり続けたお店の若女将だったからね。

 

さて、当日は、お店の一部を改装して舞台のようにしてそこで三味線や太鼓や琵琶の競演。物凄い迫力。これは圧倒されます。一聴に値します。 一緒に歌いましょうと歌詞カードを渡されましたが、こぶしの利いた歌は難しかったねえ。

 

浅草の超一等地で、うん十年、たくさんの人を雇って経営できているのは凄いことだと思います。たぶん、土地からオーナーだからできるんだろうなと思いますが、普通のお蕎麦屋さんから、津軽三味線ライブもやってる店への変化(これは若女将の10年来の夢の実現だそうですが)は支持率向上に寄与するでしょうか。

 

それにしても若女将は品のある美人だったなあ。

 

 

| | コメント (0)

2014年3月12日 (水)

住むだけだったら最高の街 白金

USBケーブルが必要になって田町の駅前のヤマダ電機に出かけたら、店じまい、近くの家電店に出かけたら、「PC関連商品はスペースをとるからうちはおいていません」っていわれて、しかたなくAMAZONで注文♪

 

 白金は、住みいい街と散々このブログで書いてきたのですが、大きな問題もあります。すなわち、小売店舗がどんどん減り、飲食店も開店しては、いつの間にか閉店してる。

 

 白金高輪や白金台の駅の近くに昔は、いくつも都銀の支店があったのに、白金台のみずほの支店も閉鎖されて広尾に移動するらしい。。。 広尾の方が大金持ちが密集しているからか。

 

 朝8時台でも座って大手町に10分強でいけ、いい小学校も多く、大きな公園や庭園があって住宅地としては日本一ではないけど、住むと離れたくない白金エリアなのですが、大手スーパーはいくつかあるけど、商業店舗がもたない町。

 

 なぜか。 あまりの家賃の馬鹿高さで、いくらがんばっても利益があがらないから。

喫茶店のコーヒーの単価をホテル並みにするわけにいかないし、ブランドもんのセレクトショップを作っても、地元の人は買わないし、レストランでもミシュランクラスくらいなら値段が高くても客はやってくるけど、そこらのレストランは家賃比例で値上げしても客はこない。住む人の所得が多いのと、店舗で金を使ってくれる人が多いのは別問題。プラチナ通りが有名といっても、外から人がおしかけてお金をいっぱい落としてくれるかは別問題。ネーミングの割には商売する人を儲けさせないエリアなのに家賃がバカ高い。だから、進出と撤退を繰り返し。オーナーが経営している店舗じゃないともたないけど、オーナーも年をとると店を閉じ、いつのまにかマンションが建つ。マンションだったら、バカ高い値段でもすぐ買い手がつく。

 

 家賃を下げたら解決できるか? 大きな傾向として、必要なものは店で買わずにネットで注文が定番になってきたから物販店は難しいだろう。かゆいところに手のニーズにはコンビニがこたえるし。

そうすると飲食店なんだけど、でも基本は住宅街だからそんなに飲食店に対する需要もない。

 住むだけだったら最高な街 それが白金♪

 

 

 

| | コメント (4)

2014年3月10日 (月)

 生命保険料控除と贈与税

 私の妻は、保険の契約の契約者で、かつ、満期保険金の受取人です。しかし、実際に保険料を払っているのは 夫の私です。確定申告の際に、私が生命保険料控除を使うことができますか。

 

納税者が一定の生命保険料、介護医療保険料及び個人年金保険料を支払った場合には、一定の金額の所得控除を受けることができます。これを生命保険料控除といいます。

(国税庁HPより)

 

 通常、保険契約の契約者が保険料を支払うことになり、契約者に年末くらいに生命保険料控除証明書のようなものが送られてくるから、それを確定申告書にペタンとつけて提出すると確定申告で生命保険料控除ができます。

 

 このケースでは保険料の支払者は契約者の奥さんじゃなくてあなた。 上記を読むと払ったあなたが生命保険料控除できると考えられます。

 

 でも、もし、あなたが生命保険料控除を行って、私が真の保険料の支払者と宣言した場合、満期に奥さんがもらった保険金は贈与税の課税対象になります。結構な金額の満期保険なら贈与税もでかい。

 

 もしあなたが生命保険料のお金相当額を贈与したと考えます。贈与は年間110万円まで非課税です。そんでもって奥さんが保険料を払い、満期に保険金をもらった場合、奥さんに係る税金は所得税なのですが、こちらは一時所得といって、保険金から保険料と最高50万円の特別控除を差し引いて2分の1を乗じて計算した金額が税金の計算のベースに入ってきますから、贈与税と比較するとまず税コストは安い。

 

 さて、あなたは生命保険料控除をしますか。

| | コメント (0)

2014年3月 5日 (水)

 ウクライナ パラリンピック 北朝鮮

 世界情勢が大変なことになってるらしい。予想もしていなかったウクライナ問題。

日本ではあんまし誰も騒いでいないけど、世界の巷ではすわっつ「第三次世界大戦勃発か」というような報道の盛り上がりもあるらしい。

 

 じゃ、ほんとうに第三次世界大戦になるのか? たぶん、そこまでいかないと思う。 たぶんお金がないから、誰かお金だしてくれたらそのお金を原資にがんばって、戦争して大儲けしようと考えるけど、そのお金の出してがいないか、またはお金の支払を止めているか。だから、テレビやネットで流れている映画のワンシーンで終わってくれると(期待して)思うのです。

 

 パラリンピック これが37日からウクライナの近くのソチで開かれるようです。欧米とロシアがにらみ合っているこんな状況で、欧米は選手団を返すのだろうか。

 

 日本とロシアの関係は昔と比較すると格段に仲良くなっている。ソチ・オリンピックの開会式だって安倍さんは出席して、プーチンさんと会談しているし。日本ではこのときあまり報道してなかったけど、韓国の朴大統領はなぜかドタキャンしてた。北朝鮮は偉い人がでかけてた。中国もトップがでかけてた。次回の開催はたしか、韓国なのに、なぜ、おばちゃんはドタキャンしたのか? 

 

 そして、ウクライナ情勢が大変な時期に、なぜか、日朝が赤十字会談をして、そこにまたまたなぜか、外務省の高官がついてきて、別室で北朝鮮の高官と会議した。たぶん、別室の会談の中身が凄いんでしょう。

 

 この辺をずらーっとつなげて俯瞰してみると、それだけで、マスコミ報道では読めない世界の動きが想像できます。たぶん、舵が今までの方向と少し違うようになってきてるね。

 

 ま、日本は、あくまでも大国ががたがたやっている状況で、おとなしく、長期的な実利をとっていく戦略をとってるのだと思う。それを可能とするチ。カ。ラが実はあるんだと思う 全く実感してないけど。いままでだったら、日本政府がこんな動きをしてなかったというより、できなかったんじゃないかな?

 

願わくば戦略のねっこが、戦後培ってきた、平和大好きであってほしい。ホント頼んまっせ♪

 

| | コメント (2)

2014年3月 1日 (土)

非居住者になってから払った外国税額控除

 M社のAさん(平社員)は平成25年1月からX国に長期出張しました。そして、3か月たった時点で、滞在期間が今後1年以上に及ぶことがわかったため長期出張から海外赴任に切り替えました。

 日本では、当初、長期出張で日本にまた戻ってくると思っていたので、1月から3月までは居住者として、Aさんは支払う給料から源泉税を差っ引いてました。しかし、海外赴任が確定した4月以降の給料は、国外源泉所得として、日本で所得税は源泉徴収しませんでした。

 X国と日本の間の租税条約により、X国においては183日までの滞在期間はX国においてAさんの所得に対して所得税を課しません。しかし183日を越えて1年間にわたってX国に滞在していたAさんの1年分の給料に対して、12月にドカンと所得税を課し、Aさんは納めました。

 日本では、日本の居住者に対して全世界所得に対して所得税を課します。同じ所得に対して外国で課した税金については、2重課税であることから外国税額控除を通じて2重課税の調整を図っています。日本の非居住者に対しては日本の国内源泉所得についてだけ税金を課し、国外源泉所得については税金を課しません。ですから、国外源泉所得について外国で課された税金については、2重課税が生じないから外国税額控除は使えません。

 本件については、Aさんの1月から3月までの所得については結果的に日本と外国で税金がかかります。ただし、税金を納めた時点では非居住者になっており、払った税金は居住者期間と非居住者期間がまぜてあります。この場合、外国で払った税金については日本で外国税額控除をとれるでしょうか。

 1月から3月の給料については、日本と外国で所得税が発生しているから2重課税状態になってるので、外国の所得税額は外国税額控除の対象となる。ただし、外国で12月に納めた税金のうち2重課税になっている所得対応分でしょう。

 なお、この人は、3月に非居住者になった時点で、ずーっと海外にいたから準確定申告なんてことはできなかったので,年度末(翌年3月15日まで)の確定申告で調整することになります。ただし非居住者なので、納税管理人を選択してその人が提出することになります。

| | コメント (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »