« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月29日 (木)

相続後の手続き 今度は年金支給額の間違い

 昨年の2月に母が亡くなって、その後の相続の手続きの記録を残しておこうと思って実際にあったことをその都度書いてます。

 

 今回は、母並びに母よりも12年前に亡くなった父にうん十年も支給されていた年金の支給額が間違っていたという話。

 

 5月のとある昼下がり、年金事務所から分厚い封書が送られてきました。何事か!と思ってちょっと嫌な気分であけてみたら、年金の計算が間違っていました。差額分を払ってあげるから、書類を山のようにかき集めて提出しろ、いらないならそれもいいけど、でもいらない場合も書類を提出しろということ。

 

 また、あの書類かき集めをしないといけないのか いやだなーと思って ちょこっと計算をしたら、コストパフォーマンスがなかなかいいことがわかり、速、書類集め。

 

 今回も、除籍謄本とか全部戸籍とか集めないといけないのですが、除籍は母じゃなくて父。 私が父と母の年金をもらおうとする場合は、私が父と生計を一にしていた親族じゃないといけないのですが、父が亡くなった時は、大阪の茨木に住んでたんですね。そうすると第三者に証明をしてもらってなぜ、一緒に住んでいないのか理由を説明しないといけない。理由の説明は得意なのですぐクリア。第三者証明は、母の従妹にあたるおばさんに電話してOKを即もらう。おばさんも以前、年金もらうための手続きをしたみたいで、すぐ理解してくれたからよかった。

 

 今回の添付資料として、父の死亡時の父と私の住所と現在の私の住所を証明するものがないといけない。父の死亡時の私と父の住所は 戸籍の附表からとり、現在の住所もその戸籍の附表に含まれるからいいやと思っていたら、戸籍係のオッチャンから℡がかかってきて、平成17年に戸籍がオンライン化されていて、父の死亡時の附表を出しても、その記録は平成17年までで、その後の記録は、別に附表を請求する必要がある。つまり、追加で300(小為替)を送ってというお達し。追加附表をとるためのコスト(労力)と、自宅から徒歩3分くらいのところにある総合支所で住民票をとるコストを天秤にかけて、住民票で代替することにしました。

 

 耳をそろえて、えいやで年金事務所に書類を送ったら、母の年金計算分の資料がないといわれて、がくっときて、また送付。

 

 そして、本日、年金事務所から書類を受け付けましたという受付控えが届きました。

これで、即お金をもらえるかというとそうではない。

 

 書かれた文章を転記しますと

 初回の精算について (直近5年分) 申出書受付から46カ月ほど

 2回目の精算について{初回精算より前の分} 初回の支払の2~3か月程度後

 

 今日が526日ですから、早くて入金完了が 11月末ころ、へたをすると来年に繰越すことになるみたい。

 

 日本のお役所は律儀で、間違いを正してくれて、お金もくれるけど、とにかく書類集めが大変で、かつ、入金までの期間が長~い。 努力せず、カネをもらうことだから、何事も忍。

 

 

 

| | コメント (0)

2014年5月27日 (火)

なぜ、中国はご近所と喧嘩したがるのだろう?

 最近、中国の喧嘩腰が気になります。尖閣だ、ベトナムだ。中国がせめて来たら大変だから憲法解釈を変えて軍事費を増やそう!というのが安倍さんの考えだと思うけど、

 

 でも、なんで、中国は喧嘩腰なんだろう? 喧嘩をふっかけたら相手も怒ってややこしくなるのはみえてるし、返り血を浴びるのはみえてるのに、

 

 たぶん、、中国自身が大変だからなんだろう。喧嘩しないともたないくらい内部からの突き上げがきついんだろう。

 

 そうだったら、子供の喧嘩に本気になって相手する戦略より、まあ、やんちゃはそのくらいで、病気が大変だったらお医者さんにいったらどうですか、お医者さんがだめならまず薬は、ここにいい薬がありますけど、薬が苦くて嫌なら 甘いケーキがいくつかあるからこれはどうですか? その手をとにかくおろしましょ。疲れるだけですからと、柔らかくいう人はいないのかな。

 

 

| | コメント (3)

2014年5月24日 (土)

八芳園 スラッシュカフェ

 白金台の駅近くに八芳園という広大なお庭のある結婚式場があります。結婚式場といっても、それ専門ではなく、普通のレストランやカフェもあるし、会議にも利用できます。

 

 白金に8年ほどいて、八芳園で宴会があったこともありますが、ひょんなことからここのスラッシュカフェで打ち合わせをしました。

 

 普通の綺麗な喫茶店みたいなところなのですが、テラスがあり、たまたま、テラス席が空いていたので通されてパッと景色をみて、はっと感動しました。そう、艶やかな緑の洪水なんです。ここが都心であることを忘れるくらい。近所の都ホテルの庭と地続きなのかもしれませんが、微妙に色合いの異なる緑があふれている。打合せの内容より目線の先の緑が気になって。。。。といわけじゃないですが、まあそんな感じもあったかもです。

 

 番町もいいなと思ったりですが、やっぱりこのおばさんは、白金にぺちゃっとくっついていたいのが真の気持ちなんだろうな。

 

http://www.happo-en.com/restaurant/thrushcafe/index.html

 

| | コメント (1)

2014年5月19日 (月)

配偶者控除の廃止 お手伝いさんVISAの緩和

 安倍さんの政策は、女性にもっと働いてもらいましょう。 だけど、子供はちゃんと生んでね。これはしゃれにならない国策でしょう。 少子高齢化のインパクトがボディーブローのようにこれから効いてきますから。

 

 そのために配偶者控除をやめるといってます。配偶者控除があるから、103万円の壁というのがあって 103万円まで分しかパートで働かないというおばちゃんがいっぱいいますが、これでは困る。 もっと働け、働け、日本経済に寄与せ!ちゅうことでしょ。

 

 働きたいけど、子供が小さいから働けない、保育園があればいいってもんじゃないというクレームに対処するために思い付いたのが、外国からお手伝いさんにきてもらおう。若い共働きの夫婦の家事を手伝ってもらえたら、女性が日本でももっと働いてくれる。だって、東南アジアとかは女性が政府や民間のエライサンとして活躍している人がおおいけどそれはお手伝いさんが家事をしてくれるから

 

 日本は、外国からの観光はウェルカムですが、出稼ぎや永住などには非常に厳しい。日本語という分厚い壁もある。だけど、お手伝いさんとして来日してくれる人に対するVISAは緩和するかもというニュースをちらっと読みました。

 

 東南アジアでは、家事をしてくれるメイドさんたちを安価で雇えて、安価でメイド部屋も提供できるからだと思います。

 

 でも、日本は生活物価水準がはるかに高く 東南アジアベースの給料では生活はできないからそれなりの給料を払わないといけないけど、メイド部屋に毛が生えた程度のマンションを借金して買ってる人達ですから、メイドさんに対して生活できる程度のお給料もメイド部屋も提供できるわけがない。 だから、せっかく来日しても、食えないので結局、水商売に流れて、社会問題化してしまう。

 

 じゃ、そーならないように補助金を出しましょう!ということになるかもしれませんが、これは、いつまでたっても補助金を出し続けないとたぶん持たないと思います。補助金を出し渋ると、お金が払えなくなり、社会問題化する。  だから補助金を払い続けると財政赤字になって、国民負担が大きくなる。その負担を背負わされるのがメイドさんに育てられた子供たち。 

 

 子供の面倒はメイドさんではなく、これからも増え続けるじじばばがベストなんだろうか。

 

 

 

 

 

| | コメント (1)

2014年5月11日 (日)

番町 2014 六番町大好き

 毎年、5月の連休くらいから1か月くらいは、番町の辺を昼飯時にうろつきます。仕事の帰りもあれば、テンパった時の気分切り替えのためにわざわざ電車代使っていく場合もあります。

 

 番町は千代田区、皇居の近くにあり、江戸時代は将軍の親衛隊のような身分の人たちが住んでいたところです。一番町から六番町まであり、都心の中の都心ですからオフィスビルもいっぱいありますが、基本はマンション街+女子高街です。

 

 道路の道幅が広く、ゆったりしてます。建物も高さ制限があるのかもしれません。空が案外広いです。

 

 昨年は、こんなアスファルト・ジャングルみたいなところ住めるか!と思ってお散歩していましたが、今年は、職住接近、職住一緒という観点から考えると、案外いいねと。なんか自分の仕事や人生でご縁の深い方のアドレスを調べてみたら、四谷から半蔵門にかけてのエリアに集積していることに最近気づきまして、これは、神の声がここにこいといってることかなと、現実をふりかえず、都合よく、心地よく夢想しています。

 

落ち着いた人たちが住んでてそう。 大使館もイギリス、イスラエル、ルクセンブルグ、ベルギー、バチカン、パラグアイに東チモールと 本質的にはディープな国なのは理解していますが、街宣車がしょっちゅうやってくる系の国ではないからうるさくない。近くに大学がいくつかあるから、一人ランチは学食で食べると安くすむ。

 

問題はそこそこの規模のスーパーがない!百円ショップがない!クリーニング屋が高そう!近くの区営の一番町のプールが18メートルの長さしかない!(重要です) 港区に比べるとたぶん貧乏だ! 高齢者に対する福祉政策が発展途上ぽい!

 

一番町から六番町の中でどこがいいか? 世間的には三番町(バチカン大使館がある)一番町(イギリス大使館がある)四番町(ルクセンブルグハウスという大使館の入ったマンションがある)が高級エリアでいいんでしょうけど、私的には、六番町大好き♪ JRなどは四ツ谷駅が一番近く、メトロで一番近い駅は麹町という利便性の抜群さとともに、六番町には「六番町奇数番地街づくり憲章」というのがあって、高さ制限やマンションもワンルームマンションのようなやつはたてられなくなっていて、郊外の街並みのような雰囲気がありいいねです。 大使館は、東チモール大使館(どこにあるんだろう)のみ。学校は、雙葉に番町小学校 という、住めるもんなら住んでみたいところとみんなが思っているのか、今シーズンのお散歩で納得できましたです。

 

| | コメント (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »